カウンセリングルームまきび

アクセス

〒981-0021
宮城県仙台市青葉区中央4-3-25
前原ビル401

クライアント様のご感想

感想71「ひきこもりから専門学校へ」

仙台市在住 匿名

大学4年次に「就活」「人間関係」に悩み、それでも行こうとはするものの、目の前で足がすくみ、いけなくなりました。

私は中学、高校で不登校となり、そのままひきこもりになっていました。
集団生活が苦手で、何事も続きませんでした。

しかし、カウンセリングに通い始めて1年半がたち、今ではそれが変わりました。 まずは、集団生活を営む場所に1年半通い続けることができました。

それに、服屋、飲食店、病院、公共交通機関などにも一人で行くことができるようになりました。
家事に関してもある程度自分でこなせるようになり、料理もできるようになりました。
おまけに免許も取れました。

集団生活を送ることにより、社会常識や、ストレス耐性、忍耐能力も身に付き、以前の自分と比べてとても成長することができました。

それまでは全く考えていなかった進路についてもよく考えるようになり、自分は今では専門学校に通っています。

ひきこもりだった自分に復帰の機会を与えてくれてた先生にとても感謝しています。

感想70「一人で考えるだけがいいことじゃない!」

富谷市在住 匿名

大学4年次に「就活」「人間関係」に悩み、それでも行こうとはするものの、目の前で足がすくみ、いけなくなりました。

そのうち引きこもり状態になり、何をどうすればいいかわからなくなってしまいました。

心理療法をうけることによって、大学へ1年休まず通学することができるようになり、将来何をすればいいのかも、自分で考えなければならないという考え方自体が自分に合っていないということに気づきました。

先生と考え方を変えていくことで、苦手なことは苦手と言えるようになり、自らの欠点を認めることができるようになりました。

先生が親に自分の事を説明してくれたので、親も接し方を変えてくれて助かりました。

感想69「まだまだお世話になります」

仙台市在住 匿名

私はまきびに通ってもう6年以上たつ、いわばベテランクライアント(笑)だと思いますが、
もともとはカウンセリングに通う予定は全くありませんでした。

当時私は「1対1で楽しい話が出来て、駅近で、出会い系以外で、気分転換になる場所」を
なんとな~く探しているタイプで、だから悩み相談をする予定もゼロ、
カウンセリングを受ける気もゼロ、もちろんカウンセリングルームを探す気もゼロ、でした。

しかし思い描くような場所が仙台では全く見つからず、
仕方なく検索でヒットする場所をかたっぱしから覗いて行った結果、
佐々木先生の真面目なような適当なような不思議ブログが面白く、
「もしかしたら雑談でも聞いてもらえるかもしれない」と思って申し込むことにしました。

初回のカウンセリングで、思い切って先生に
「カウンセリングではなくて、その時話したいことを、好きなように話したい。」
と申し出たときに、先生が笑って許してくれたのを覚えています。

それ以来、かれこれ6年以上先生にはお世話になっていて、今でも基本的には好きなことを好きなようにしゃべらせてもらっています。

ただ、カウンセリングと言う名の(私発信の)雑談を重ねるにつれて一つ驚いたことは、「好きなように話そう」と思うと意外に悩み相談になることが多いことでした。

楽しい話をしていたはずなのに、気づいたらちょっとした悩みや不安が口からぽんぽん出てきたり、ふと会話の途中で自分が本当に「分かって欲しかったこと」「気づいてほしかったこと」を見つけ、動揺して言葉に詰まったり。

考えすぎて心の迷路に迷い込み、出口を失うこともありました。 しかしそこはプロのカウンセラー。佐々木先生は心の迷路を熟知して、クライアントが望むならいつでもその悩みを軽くする準備ができている方なんだと思います。

他愛のない話題には笑って聞き役に回ってくださり、SOSを出すとすぐ手を差し伸べてくれる、私にとって神対応の頼れるカウンセラーさんです。

(ジャンプ系のマンガに強いところも◎です。(笑)) 最近改めて、もしかしたら私の中にはもともと不安な気持ちや助けてほしい気持ちがたくさんあって、先生の言うとおり、「無意識にカウンセリングルームという場所を選んでいた」のかもしれないなあとしみじみ思います。

これからも私のどうでもいい話と結構まじめな相談におつきあいいただけると嬉しいです。 そしてそろそろ(ようやく)心理療法を取り入れてみようかなと思っています。 これからの自分の成長が楽しみです!

感想68「就職活動中の支えでした」

東京都在住 匿名

男なのに気が弱くて、就活する前から「不合格」の夢を見て汗ダラダラの自分でしたが、
先生のおかげで最終面接もなんとかがんばれました。

内定も出て一安心とうれしさでいっぱいです。

先生と会うまで就活が全然うまくいかなくて追いつめられて、
でも恥ずかしくて大学の就職課にも相談できないという残念なプライド?もあって、
本当どうにもならない状態だったと思います。

だから「誰にも気づかれないところで相談したい」という思いで、大学外のカウンセラーを探し、先生にたどり着きました。 自分の場合、先生の心理療法と食事制限がすごく効いたので、面接前とかはそれが一番ありがたかったです。

もっと前から通っていたら、こんなに苦労せずに仕事が決まったと思うし、高校の試合前とかもやってほしかったと思いました。 そして自分には「男だからちゃんと出来なくては」という思い込みがあることもわかって、そのせいで余計気をはっていたことにも気づかされました。

今は大分楽になって、これからの仕事も頑張れそうです。 本当にお世話になりました!! 仕事始まったら絶対またへこたれるのでその時は申し込みます!

感想67「何も続かなかった私が、カウンセリングだけは続けられた」

仙台市在住 匿名希望

佐々木智章 先生 いつもお世話になっております。

先生のブログのクライアント感想を読んでいて、
もしよかったら私の感想も載せてほしいと思って書きました。

先生にお伝えしたことがないことも書いているのですが、よかったら載せてください。

長かったら短くしてもらっても大丈夫です。

先生のクライアントになってから、わたしは一つ大きく成長できたと思っていることがあります。それは、「カウンセリングを受け続けることができている」ことです。

今まで、どこで何をしていても、とにかく周りが怖くて、いつも嫌われているような気がして、逃げてしまう生活を繰り返していました。学校も、バイトも、習い事も、病院も、電車もバスも、全部怖かったです。

怖いという感覚を分かってもらえずに変な目でみられたり、怒られたりすることも恐ろしかったと思います。 本当のことをいうと、先生と初めて会った時も、先生がとても怖かった記憶があります。

失礼なのを承知で書きますが、先生は白衣を着ていて、私が苦手だった歯医者の先生のような雰囲気がありました。この人は話を聞いてくれないような気がする、きついことを言われるような気がする、「努力が足りない」と言われる気がする…そんな不安でいっぱいになって、本当に怖かったのを覚えています(先生以外の人に対してもそうなるので誤解しないでください)。

でも、わたしを見た先生がすぐ、「○○さんは(私です)すごく緊張しているようだけど、いつもそうなの?それじゃ毎日相当しんどいでしょう」と言ってくれました。

そういう風に言ってくれた人は初めてで、私にとってはとても衝撃的でした。“毎日苦しい、でも私が自分に甘いのかもしれない”と思っていたから耐えていたことを、こんなにあっさりわかってもらえるなんて…と、びっくりしました。

先生は私の今の状態を分かりやすく図解してくれて、次来るかどうかも私が決めていいと言ってくれました。カウンセリングが終わるころには緊張と不安で疲れ切っていましたが、また来てみようと前向きに思うことができました。

そこから、先生に話を聞いていただいたり、苦しい時の対処法を学んだり、心理療法を受けてみたり、本当にあらゆる面からサポートしていただいて、いまカウンセリング2年目に突入しています。

この前、先生に「カウンセリングは続いているね」と言われてはっとしました。ほとんど全てのことが半年もたなかった私が、当たり前のように1年以上カウンセリングに通い続けているなんて、奇跡のようです。

これまで先生と一緒に、自分の考えを整理して、いろいろな方法を試してきたおかげで、電車やバスに乗るときの恐怖感は少なくなりました。

怖い時に、先生には「怖い」と言えるようになりました。バイトの求人情報誌を開いて読めるようになりました。先生に私の文章を褒めてもらったことで、今日この感想を書こうと思うことができました。

なにより先生に指摘された、「自分の失敗ばかり見て、出来るようになったことを自分で認めない癖」を意識したら、“この1年間まきびに来るために月に2回外出し続けた”という自分の大きすぎる成長に気づきました。

私はきっと、とても進歩の遅いクライアントだと思います。 多分たくさん迷惑をかけていると思います。 でも、私の歩みのスピードに先生は合わせてくださって、私の恐怖感を感じ取っては立ち止まってくださいました。

先生だったから、続けられたと思います。 来年には、長期のアルバイトができるようになりたいです。先生、これからもどうぞよろしくお願いします。

感想66「気軽にもまじめにも話せるのがうれしい」

静岡県在住 N

先生いつもありがとうございます。 3年くらい使わせてもらってますが、おかげで仕事を辞めることもなく生活できている感じがします。

もともとは人づきあいのスキルを教えてもらおうとカウンセリングに申し込んでいた(気がする)のですが、先生と話しているうちに、自分が欲しいのは「人づきあいのスキル」よりも「等身大でなんでも語れる相手」が欲しかったんだと分かりました。

会社で上手くやりたいのももちろんありましたけど、それよりも会社のストレスを発散する場所が欲しかったんだな、と。

もちろん人間関係のスキルも教えてもらったので、そのおかげで今の会社で続いてるとは思っていますが、会社で感じたストレスとかマンガの話とか合コンの失敗談とか(笑)、好き勝手話してもそこそこノッてくれる佐々木先生の雰囲気が自分には合っていたのかなと思っています。

転勤になった今、スカイプがあって本当によかったと思っています。 何度も言ってますが今の職場は本当に人も仕事もしんどいです(笑) 正直先生のような話し相手がいなかったら、今頃博多の路上で潰れてます(笑)

そのうち宮城に帰省出来ると思うので、その際はまた対面で申し込みたいと思います。 今後もよろしくお願いします。

感想65「トラウマが消えたら普通に結婚できた?」

岩沼市在住 Y

ずっと恋愛関係がうまくいかなくて悩んでいました。

原因が自分にあることにはうすうす気づいていたので、今までは本を読んで勉強したり、キャラを変えてみたり、友達とか恋愛アドバイザーの方にも相談したりして出来るだけ努力したつもりではいました。

でも自分の問題点を指摘されても直し方がわからなかったり、その時は「なるほど!」と思っても実践できなかったりして、相変わらず彼氏とはうまくいかないまま、別れては付き合ってを繰り返していました。

今回佐々木先生に相談した時も、最初はやっぱり「わかってるけどどうにも出来ない」ことを指摘されることが多かったです(本音で厳しくお願いしますと言ったら本当に辛口でしたw)。

でも数回行って話すうちに、先生がトラウマを癒す心理療法を勧めてくれました。「そこまで酷いトラウマはない気がするけど…」と思いつつも、その頃はとにかく何とかして結婚したかったので、なんでもやろうと思って取り組みました。

トラウマの心理療法をやりながらカウンセリングを受けているうちに、なぜか今まで指摘されても直せなかった考え方がだんだん薄くなってきたことに気づいて感動しました。

今まで出来なかった「彼の要望を断る」ことや「メールが来ていないかチェックしないで過ごす」ことがそこまで難しくなくなって、そこまで大事なことでもなくなりました。

あくまで私の場合ですが、あまり自覚のない過去のトラウマが今の交際の問題につながっていて、そのトラウマを癒すことで、執着せずに自然な交際ができるようになっていったと思っています。

そのあと今の主人と職場で出会って、無事結婚しました。今の主人との交際中も、不安が強くなったらカウンセリングを受けて、先生のアドバイスをもらったり心理療法をしてもらったりしながら、自分を正しい位置に戻す作業にとりくんでいました。

あんなに結婚結婚と焦っていた私ですが、プロポーズされるころには「そういえば結婚したくて仕方ない時期もあった」と思ったほど落ち着いていました。

トラウマを直したから結婚できた、のかは分かりませんが、あのころに比べて私はとても安定した生活を送れているなあと感じます。

また主人と夫婦げんかした時は落ち込むかもしれませんが…。 自分で努力した自覚ももちろんありますが、トラウマを癒すような作業は自分では出来ないので、先生がいたからこそ今のわたしがあるとも感じています。 感謝の気持ちで一杯です。

感想64「自分の状況、状態を知ることから変化が始まる!」

仙台市在住 匿名希望

私がカウンセリングを受けるきっかけとなったのは職場の管理職研修に行ったことです。
幼少期から人との関わりを密にすることが非常に苦手で、いつもその場しのぎの人間関係でごまかしてきましたが、研修では、周囲との密な距離感を迫られ、必要とわかってもそれができない自己嫌悪が長年積もっていたこともあり、どうしようもなく苦しく、生きていくのが本当に嫌になっていました。

生きづらさを感じず楽に生きたいと、いろんな本を読みましたが、自分一人で解決しようとすることには限界を感じていました。
カウンセリングはこの状況から抜け出せる最後の可能性だと、まさにすがる思いでした。

家族構成や過去の話から、遺伝や親からのトラウマ、食事やホルモンバランスの影響など、膨大な視点から原因を探しだすには時間がかかるということにまず納得をし、一緒に向き合ってもらおうと思いました。

じっくり聞いてもらうことで、悩みや傾向、やめたいことがたくさん出てきました。

悩み
・夫に八つ当たりしていた。イライラしてすぐに怒ってた。
・思い通りにいかないとイライラしていた。
・便秘が続いてるとイライラしていた。
・人と接していて顔の筋肉が動かない時期がある
・人の出産とか他人の幸せを喜べなかった。
・人のことはどうでもいいかなと思っているすごい冷たいところがある
・人の顔と名前が一致しない
・飲み会など、長時間、人と居るの苦手。
・その場で何が正しいのか考え、その間に時間がどんどん過ぎてしまう
・相手が正しいと思ってしまう
・人と会いたくない時期がある
・助けてくれる人にも会いたくない、嫌になったりする
・物事のマイナスな側面ばかり考えてしまう
・初対面の人の方が楽で、一緒にいればいるほど、その相手に対して苦しくなってしまう
・人がいると余裕がなくなる
・肩こりが小さいときからひどい
・怒られることに対して過敏。
・相手が気持ちを損ねるのが怖い
・責任から逃れたい
・話すことがなくなると途端に焦りだす

食事・飲料・サプリメント・運動などの指導と心理療法を受け、生理周期と気分の波を記録するようになったら、徐々に改善してきているのに気がつきました。

変化した部分
・生理周期(特に生理前)と対人関係の苦手な部分の出やすさが連動していることにはっきりと気づけた
・人と気楽に話せる時期が大分増えた
・調子が悪くても自分で状態をコントロールできる程度にはなった
・夫に対してイライラしにくくなった。当たったりしなくなった
・同期との普通の飲み会やしゃべりやすい人たちと話すのがそれほど苦痛ではなくなった
・人の中で正解を探して苦しむことが減った。

最初に、私の場合は1回のカウンセリングで劇的に良くなるというものではなく、長いスパンで考えていきましょうと言われました。
おっしゃる通りで、良い時悪い時を繰り返しながら良い時がだんだん多くなっていきました。今では沈み込むことがほとんどなく、深く考えすぎる前に感じたことを話せたり、まぁいいかと思えることもだいぶ多くなりました。

月2回のカウンセリングと自分の状態の記録を続けることで、1年も経たずにここまでこれたことに驚きと感謝です。
これからも引き続き一緒に向き合ってもらおうと思います。

感想63「DV、離婚、人生がどうでもいい、と11年続いたつらさから解放された!」

 仙台市在住 I.M.さん

私は生きづらかったので、ネットで調べたところ、職場の近くにあったので、とりあえずまきびでカウンセリングを受けてみることにしました。

カウンセリングを受ける以前の私はこんな感じでした。

・11年前に離婚した時のことが忘れられなかった
・離婚するときに義父に「慰謝料やる価値もねえ」と言われて、蹴られた
・元夫に慰謝料をもらえず、浮気もされた
・お酒をかなり飲むようになり、昔の事を思い出してはイライラしてた
・夜、何度も起きては嫌な事を思い出してイライラして眠れなかった
・外に出たくない、日の光を浴びたくなかった
・人を見たくなかった
・家にもいたくなかった
・頭がわれるくらい痛い時があった
・もう人生、どうでもいい、死にたいと思ってた
・元彼にふりまわされて、イライラしたり、暴言を吐いてしまったりしてた

そこでとりあえず心理療法を受けてみると改善がみられました。

・離婚のときのことを思い出さなくなったし、思い出してもイライラしなくなった ・お酒の量も減ったし、飲んでイライラすることもなくなった
・嫌な事を思い出すこともなくなり、夜、よく眠れるようになった
・頭がわれるくらいの頭痛がなくなった
・死にたい気分がなくなった
・元彼のことがよくわかり、こちらから縁をきれるようになった

カウンセリングに初めて行く前には不安はありましたが、短期間(3か月)で改善できたのでよかったです。

感想62「前より人生が生きやすくなった」

 宮城県大崎市在住 Y.さん

私は子供の頃から人が怖くて近づいたら怒られるんじゃないかと思っていた。高校でいじめにあい、髪の毛がぬけるほどつらかった。その後も不安が強く、手が震えたりすることがあり、夜中の2時、3時まで目がさえて眠れなかった。成人してからも夫婦間の問題があり、離婚になる直前で自殺未遂までしてしまった。

自分ではどうしようもない精神状態で、もうどうにもならない、なんとかしなきゃいけないと思い、母にも勧められ、カウンセリングルームまきびに予約してみた。

カウンセリングを受けて3か月ほどで強い不安が消えた。同時に夜10時~11時には自然と眠れるようになった。それから煙草やコーヒーも完全にやめることができた。

今まで不安が強くて何事があっても自分が悪いんだと思い込んでいた。そのせいか、不安が消えたら、周りに対する怒り、イライラがでてきた。そのイライラや怒りも2か月もするとなくなっておだやかになった。

昔は部屋の中にタバコの灰が落ちていても掃除をせず、ものすごく部屋が汚かった。今では、毎日部屋を掃除するようになった。

仕事を休憩してタバコを吸ったり、コーヒーを飲んだりしなくても仕事がはかどるようになった。

カウンセリングを受ける前は趣味も上の空な感じでやってたが、最近は趣味にもうちこめるようになった。

以前は親父が何かを言ってくるたびにイライラして喧嘩することが多かったが、今は親父とも喧嘩しなくなった。

一人でいると虚しくなったり、孤独を感じてたが、今はむしろ一人の方が楽だと感じるようになった。

つまり前より人生が生きやすくなった。

カウンセリングを受けてよかったと思う。

 

感想61「私にもあった感想47の『鈍く重い疲労感』から解放された!」

 宮城県在住 匿名希望さん

まきびのホームページにある感想を読ませていただいていて『鈍く重い疲労感』『何もしたくない感じ』などが私にもあることに気がつきました。

Aさんと同じように、この感想を読むまで、まだ更年期かなとか、いや年齢のせいかな、などと言う風にしか思っていませんでした。

子供を産んだら育てるのが当たり前で苦労も当たり前。そういう社会通念が当時はあったように私には思えました。

そして私以外のみんなは淡々とやっているように見えました。

さらに、子育ては楽しいこと子供の成長をひたすら喜ぶべきなのに、愚痴が出るなんて母親失格じゃないか、と思ってきました。

ですから、こんなことを口に出すことさえはばかられ、表面的にはにこにこしながらも、子育ても家事も放り出して一人のんびりしたいという気持ちだけが膨らんでいました。

Aさんの感想で私だけがおかしい訳ではないと思えて、佐々木先生にお会いすることができました。

誰にも話せなかった心の中を聞いていただき、夫への感情も出てきました。仕事をしている夫に、私のことで煩わせてはいけないと、よい妻を演じようとして演じきれず鬱積してきたものも出てきました。

心理療法をしていただけたおかげで、『鈍く思い疲労感』がなくなり、今では運動不足解消のために歩き回っています。

佐々木先生、Aさん本当にありがとうございます。

感想60「昔の自分に戻りたくないと思えるくらい楽になった。」

 仙台市 M.Y.さん

カウンセリングを受けるまでは、憂鬱な気分になり、生きてるのが辛いなと感じることが多くありました。

家では、母の関係に悩んでいました。母はあまり私の話を聞いてくれなかったり、私が話しているのに自分の話をしてくることがあり、そういう態度に嫌だなと感じたり、イライラしていました。イラついていた気持ちが次第に悲しみになってきて泣いてしまったり、子どもの頃にお風呂で冷水をかけられたことなどの記憶がフラッシュバックしていました。

また、恋人ともうまくいかないことがよくありました。彼からの連絡を嫌がったり、優しくされるのがなんだか嫌に感じることもありました。それなのに、少しでも不安になると、ストーカーっぽく相手に固執してしまう所もあり、自分で自分をコントロールできなくて苦しかったです。

街中に買い物にでて歩いていると、周りが自分を見てくる感じがしてすごく気分が悪かったです。よく目も合うし、どう思われているのか不安に思い、気になって動きにくくて不快でした。

生理のときは毎回いつも疲れを感じたり、泣いたりする日があって辛かったです。人生にやる気が持てないと感じて、虚しくて死んでもいいかなと思うことも何度もありました。

以上のような状況が続いていて、自分で自分をコントロールするには限界を感じ、カウンセリングを受けることにしました。

佐々木先生のカウンセリングを受けて、今まで辛かったことが改善されていくのを日に日に感じることができました。

まず良くなったと感じたのは、家でイライラしたり、カッとなることも減ったことです。母はこういうキャラだからいいやという感じに思えるようになりました。昔は弟を起こすのも、皿を洗うのも「なんで私が」と思うことがありましたが、今は「まあいいや、私がやってるついでだし」と思えるようになり、とても気持ちが楽です。

今は、彼との関係も良好です。前は嫌がってたのに、毎日彼が電話してくるのがうれしいと思えるようになりました。自分がこんな風に思えるのが不思議なくらいです。

街中でも視線を感じなくなり、周りの目が気にならなくなりました。趣味でライブハウスに行くときも、人に見られている感覚は減り、純粋にライブを楽しむことができています。

生理のときも、気持ちが平和なことが多く、深く落ち込んだりすることは減ってきました。

以前の自分を思い出すと、本当にしんどくて大変な毎日だったなぁと感じます。絶対に昔の自分には戻りたくないです。 カ

ウンセリングを受けることを決意して、そして数あるカウンセリングルームの中から「まきび」さんにたどり着いて良かったと、心から思っています。

これからもカウンセリングを続け、もっと楽に毎日を過ごせるようになったらいいなと思っています。

感想59「カウンセリングを受けて8か月経った時点の変化・感想」

 仙台市 O.N.さん

①緊張とイライラ
面接前:いつも緊張して気を張っていた。周りから見れば、いつもイライラしていたようだが、自分ではそのことにすら気付けなかった。
変化:普段、落ち着いていられることが多くなった。イライラしたり、ストレスを感じたり、緊張していたりすると、それにすぐ気付けるようになってきた。

面接前:自分が思っていたことと違うことを人から指摘されると、すぐにイラっとしていた。
変化:指摘されても、素直に受け止められることが多くなった。

②混乱・恐怖・不安
面接前:毎晩のように、理由が分からず泣いていた。そんな日々が10年くらい続いていることにも気付いてなかった。
変化:泣くことが少なくなった。突然悲しくなったり、辛くなったりしても、その理由が分かるようになった。

面接前:何がどうなっているのか分からず、何が問題なのかも分からないほど混乱していた。
変化:自分が今、どういう状態にあるのか分かるようになってきた。気付いたことで色々改善していかなきゃいけない、していきたいと思えるようになった。一つ一つの問題に、解決策を見出せるようになってきた。

面接前:自分がなぜこんなに苦しいのか分からず、不安で死にたいと思うことも多かった。生きるのが辛くて、怖かった。
変化:自分がなぜ苦しいのか、分かるようになってきた。自分が思っていたよりも世界はそんなに怖くないと気付き始めた。

面接前:初対面の人に、人見知りをする傾向があった。
変化:初対面の人でも、少しずつ自分から話ができるようになり、心が開けるようになってきた。

面接前:彼氏がいないと生きていけないと思っていた。
変化:今は、彼がいなくてもやっていける気がしている。

③無感覚
面接前:生きている感覚が無かった。
変化:『ここにいる』感覚がしてきた。生きている実感が湧いてきた。自分を隠さずに、ここでも生きて行けるという気になった。

④体の不調
面接前:食欲が無く、体力も無く、疲れやすかった。
変化:ちゃんと3食のごはんを食べられるようになって、体が動くようになってきた。少しずつ、体力も付いてきた。

⑤自分と他人との違い
面接前:周りにどんな人がいて、家族がどんな人かもよく分かっていなかった。自分にしか興味が持てなかった。
変化:周りにどんな人がいて、家族がどんな人達なのか分かってきた。他人にも少しずつ興味を持てるようになってきた。周りに興味が持てるようになったら、「世の中って、人間って、面白い!」と思い始めた。

面接前:自分は普通だと思っていた。自分と他人の違いが分からなかった。
変化:自分は世間一般の人から見ると、大分違うことに気付いた。だから自分は自分のペースで行く必要があることが分かった。

途中経過ですが、これが「まきび」でカウンセリングを受けるようになって、私が感じた変化です。 それまでも、別の所でカウンセリングを受けたり、平行して整骨院や内科に通ったり、環境の変化があったりしたので、全てが良くなるために関わっていると思います。

ただ、佐々木先生に出会ったことが、一番大きなきっかけになったことは確かです。

最初に成育歴の話の中で、幼少期に1年間ある村に預けられた話をした時に、「お母さん、酷いね」と言ってくれたことがすごくありがたかったです。

他のところにいっても大抵は「お母さんもいろいろあっただろうし、お母さんが悪いわけじゃないよね」という感じで返された感じがしてて、私の気持ちに寄り添ってもらってる感じがしなかったのですが、佐々木先生には私の気持ちに寄り添ってもらえた感じがしましたし、そのおかげで初めて自分でその気持ちを認めることが出来ました。

そして、謎の塊だった自分自身が、明らかになってきたのは、心理療法のおかげです。今までは、あまりにも周りからの感覚をシャットアウトし過ぎていて、自分は今、何を感じているのかよく分かりませんでした。  

心理療法を受けてから少しずつ、自分が感じていることが何なのか分かるようになってきて、自分の特性や性格も分かるようになってきました。  

それまで思っていた自分と違い、意外な面も多かったし、その部分を素直に認めることが出来るようになってきました。 まだ体調も万全ではないし、精神的に不安定な時もあるけれど、これまでの人生を考えると、大分回復してきています。

「I feel comfortable in my own skin (自分の皮膚を身に纏っているのが心地良い⇒自分自身でいるのがしっくり来る)」最近そう感じるのが、とてもうれしいです。  

佐々木先生、ありがとう。引き続き、よろしくお願いします。

感想58「『がんばりすぎていた自分』から解放された」

 宮城県在住 M.K.さん

わたしがカウンセリングに通うことを決めたのは、家族との関係に行き詰ったからでした。

祖母が寝たきりになり父親が倒れ、母親は頻繁に救急車に運ばれるという状況が続き、疲れ果てていました。

思えば小さな頃から家族間の調整役を担っており祖母から母親から、父親からと多方向から話を聞き間に挟まれることが多くありました。心身共に弱っていく、そして課題を抱えた家族を、自分が助けなければならないと気負い続け息切れが生じていました。

そんな時に友人から、まきびカウンセリングルームを紹介されたのでした。  はじめは、家族の問題を解決してほしい一心でした。

しかし、先生から「あなたはランナーズハイの状態になっています。治療が必要なのはあなたです。」と言われ目からウロコでした。

そこから、自分と向き合うようになり、やり過ごしてきた自分の課題が明らかになっていきました。 走り続けることで通り過ぎてきた景色が今やくっきりと目前に広がっています。

今まで、意識することもなかった「見捨てられる恐怖」というものが自分を突き動かしてきたということに気付きました。

そして、これまで月に2回9か月間のカウンセリングを続け具体的に改善したことが主に7点あります。

① 高速バスや飛行機に安心して乗車できるようになった。 高校生の頃から高速バスなどの逃げられない環境では言い様のない不安感・焦燥感に襲われるため避けていましたが、今ではまったく安心して利用することができるようになりました。この様な日がくるとは思わずとてもすがすがしい気持ちです。

② 突発的なソワソワ感が一切生じなくなった。 日常生活で唐突に息苦しさや手指の震え不安・焦燥感におそわれることがあり、パニック発作や低血糖症と考えていました。眩暈や身体の異常な感覚で横断歩道を渡れずにしゃがみこむこともあったほどでした。しかし、カウンセリングに通い始め1か月ほどで一切起こらなくなり驚いています。カフェインを断つようになったことも大きく影響していると思います。

③ 目の前の問題ややるべき課題を先延ばしにしなくなってきた。 学生の頃からギリギリまでレポートをためたりメールの返信が遅かったり、物事に取り掛かるのに時間を要していましたが以前に比べると行動がスムーズになったように感じます。未だに課題ではありますが、頭が整理されていっている感覚があります。

④ 病んでいたり課題を抱えていたりする人たちと距離を取れるようになってきた。 以前は問題の多い人と仲良くなっては、夜通し悩みを聞いたりして献身的にサポートしては疲れ果ててしまうことがありましたが、冷静に対処できるようになってきました。面倒を見すぎていないか、のめりこんでないか自分を点検できるようになりました。家族に対しても「助けなければ!」という駆り立てられるような気持ちが薄まり、気持ちが楽になりました。

⑤ ストレス買いをしなくなった。 子どもの頃からストレスがたまると買い物で解消する癖があり、働き始めてからはボーナスもあっという間に消えて、貯金なんて一度も成功したことがありませんでした。部屋は着ない服や使わない化粧品、読まない本であふれかえっていました。しかし、今では以前の半分強の手取り月収で生活しているのですが、なぜか貯金までできているのがとても不思議です。

⑥ 生理不順がなくなった。 以前からずっと生理不順で3か月生理がこないのも当たり前でした。夜勤のある仕事を辞めてからは大分整ってきましたが、カウンセリングを受け始めた月から毎月決まった周期でくるようになりました。精神的な影響に加えて、食事指導の影響が大きいと思います。カフェインを控えるようになり、生理不順が治り、パニック発作様の症状が一切治まりました。あるとき、1週間ぶりにコーヒーを飲んだところ手の震えや不安感・焦燥感・めまいが生じました。その後も、コーヒーを飲んだときに限り生じるので、パニック発作や低血糖症というよりもカフェインが体質に合わないということのようです。確かに、先生に言われるまではコーヒーが大好きで毎日欠かさず飲んでいました。

⑦ 部屋の片づけができるようになってきた。 以前はとにかく片付けることが苦手で友人に手伝いに来てもらうほどでした。それに、部屋が散らかっていることを何とも思っていませんでした。だけど、今は部屋が散らかっていると不快に感じるし、下手ではありますが整理整頓ができるようになってきました。また、物を捨てられずためこんでいましたが不要なものを手放せるようになってきました。

改めて振り返ると、こんなに短期間で長年抱えていた課題が解決して驚いています。もっと早くに佐々木先生と出会えていたらという悔しい思いと、それ以上に今出会えたことへの感謝にしみじみ浸っています。

上記のように分かりやすく改善したこと以外にもたくさん心理的な変化が訪れておりまだまだ書き足りません。そして、自覚している以外にも課題はあると思うので今後もカウンセリングを通し自分の変化を楽しんで行きたいと思います。

エステに行く感覚で…デトックスの感覚で行けるカウンセリングルーム! 佐々木先生、どうぞ、これからもよろしくお願いします。

感想57「周りの目を気にしすぎたり、きつくなってしまう自分から解放された!」

 仙台市在住 匿名希望さん

私が先生の所へ行くきっかけは、元カレとの音信普通でした。 音信普通になった原因は私自身だったのですが、別れたくなくて周りの友達に毎日のように連絡をして泣いてました。

元カレとのことが起こる前から、母からは性格がきつくなってきてると言われ、そのことで母との衝突もありました。自分自身でもそれを感じていました。

職場では周りの目を気にしすぎるあまりに、自分らしくいることが出来なくなって毎日苦しい思いを抱いていました。 その結果嫌われていると勝手に思い込みイライラし、周りにぶつけるという悪循環に陥りました。

このままではヤバイと感じ、カウンセリングに通ったら何か変わるのかな?というか、藁にもすがる思いでカウンセリングに行き始めました。

正直今ではカウンセリングに通い始めたころの感情が思い出せません。笑

多分その頃のあたしは、相当キツイ話し方で先生に説明していたと思います。 その後治療と食事療法を受け、友達には穏やかになったね。とか連絡が少なくなったね。とか指摘をもらうことが多くなりました。また、先生にもキツくなくなってきたねと言われました。

元カレへの気持ちもだいぶ薄くなり、あれだけこだわっていた彼氏への条件も緩和され新しい彼氏も出来ました。 上手くいってなかった職場の人間関係もだいぶ気にならなくなり、穏やかに過ごせるようになり楽になりました。

先生には、たくさん迷惑をかけたと思います。先生はとても話しやすく、そして話してると勉強になります。 これからもお世話になりますがよろしくお願いします。

感想56「妄想、不安感で怯えていた日々が楽になった!」

 宮城県在住 匿名希望さん

私は高校2年から不登校で、社会には出たものの上手くいかないことが多く、トラブルとなったことも何度かありました。

そのトラブルのひとつから不安感が非常に強くなり、精神科で抗不安薬をもらったりしましたが、次から次へと嫌な思い出がうかび、仕事に出ることができない時もありました。

この辛い状態から抜け出したくてたどり着いたのがまきびさんです。

カウンセリングで分かった問題点は

①次から次へと嫌な思い出がわき上がってそれで頭がいっぱいになり、それしか考えられず自分を責めてしまう。
②寝つきが悪いが朝の3~4時には目が覚める。寝起きもだるい。
③将来についても考えすぎが止まらなかった。
④かんしゃくを起こしたくなる時がある。不機嫌な時が多かった。
⑤便秘気味だった。
⑥寝る数時間前から携帯を見続ける癖があった。
⑦人目が気になる。

カウンセリングを受けてからの改善点は

①ふとした時に思い出すことがあるが、妄想が出たと思うくらいであまりとらわれなくなった。
②寝つきがよくなった。目覚めもよい。
③あまり先々を考えなくなった。考えてもしょうがないと思えるようになってきた。
④自分にも他人にもイライラする時間や回数が減った。
⑤食事療法で便秘が改善し、痩せることもできた。
⑥寝る前に携帯を見続けなくなった。
⑦人目が気にならなくなってきた。

治療を始めた頃は不安感が軽くなると、もう私は大丈夫だからカウンセリングも終了でいいかなと簡単に決めつけていましたが、続けていくうちに少しずつ意識が変わり、さらに深く自分の問題と向き合うことができるようになりました。

先生のおかげで今の私は穏やかになり、物事を違う角度からみることもできるようになり、続けて良かったと本当に感謝しています。これからも宜しくお願いします。

感想55「結婚も見据えた恋愛の悩み、強迫的な癖や行動が解消した!」

仙台市在住 T・Sさん

私がカウンセリングに通う決意をしたきっかけは当時の交際相手との関係が原因でした。本気で結婚を考えていた相手に重大なウソをつかれていたことを知り、一人ではとても耐える事が出来ず、まきびの門をたたくことになりました。

当時、私は彼と自分の二人だけの世界に陶酔しており、運命の相手だと思って疑いませんでした。

彼と結婚すれば大変な目にあう、自分には適切な相手ではないと心のどこかで感じながらもそこには目を伏せていました。しかし、カウンセリングによって彼の悪い部分をはっきりと認識するようになりました。

彼を運命の相手ではなく、自分のこれからの人生にとって本当に必要な人かどうか判断できるようになったのです。よく考えた末に、当時の交際相手に別れを告げることができました。一人では絶対にできなかったと思いますが、カウンセリングの治療中だったので安心して立ち向かうことができました。

また、彼以外の問題についても治療をしていただきました。

私は、母親に、ものごころつくころから勉強を強要され、極度に神経質になっていました。

そのせいか、強迫的に指の爪を噛んだり、貧乏ゆすりをしたり、そわそわしたりし続ける癖があり、夜もあまり眠ることが出来ませんでした。

常に理由もなく不安、という状態がずっと続いていました。

また、寂しさを紛らわすためにスケジュールを分刻みに入れ続け、それをストイックにこなそうとする傾向がありました。それができないと自分はだめな人間だと自分を責めてもいました。
 
遊びや飲み会など自分を向上させないものは時間の無駄だと感じて楽しめず、自分は正しくなくてはいけない、何事にも他人よりも優秀な人間でなくてはいけない、と思い込んでいました。

カウンセリングで食事や生活習慣を変え、心理療法を受けることで強迫的な行動がかなり減り、なくなったものもあります。

スケジュールも詰め込みすぎなくなり、自然と気持ちに余裕ができました。今ではそわそわすることもかなり減りました。

周りの人間に対する評価も変わり、自分にとって楽な相手と接し、自分をふりまわそうとする相手と距離を取ることができました。

今では一緒にいて安心できる彼氏もできました。

振り返ると強迫観念や不安神経症の症状を抱えていた日々はとても苦痛で、二度と戻りたくありません。

治療をしてくださった先生に心から感謝申し上げます。これからもよろしくお願い致します。

感想54「母から子ども扱いされることがなくなり、出産に対して前向きでいられるようになった!」

宮城県在住 匿名希望さん

私は臨月を迎え、今月半ばから実家で生活してますが、去年カウンセリングを受け終わってから、私が実家へ行っても母が「お前はダメな子だ」的な発言を殆どしなくなったので、ものすごく楽になりました。お陰で実家に長期間いてもイライラせずに済んでいます。

妊娠期間中は、初期につわりに悩まされましたが、中期~後期は体調も良好で身体のプチトラブルもあったけど元気に過ごしていました。

カウンセリングのお陰でしょうか、妊娠に伴う身体の変化を楽しんだり、出産が間近に迫っても、気持ちも安定してて何とかなるんじゃない?っていう感じで過ごせていました。

今はいつ陣痛が来てもおかしくない時期なので、痛みに耐えられるかどうか不安ではありますが、経験してみないとわからないし、前述した通り気持ちも安定してるので、ゆっくりその時を待ちたいと思います。

今までの私だったら不安だらけできっと気が狂いそうになっていたと思います。

本当に先生のお陰です、ありがとうございます!

感想53「うつ、不安、神経質状態からの解放」

岩手県在住 匿名希望さん

カウンセリングルームまきびさんを訪ねたのは2014年3月でした。

小さい頃から神経質で不安感が強かったのですが、年を重ねてもそれは軽減せず、それに関連した心身の症状により、日常生活や人間関係、仕事にも支障が出ていました。

苦しいだけの毎日に気分は沈み、抗不安薬などを飲みつつ やり過ごしていたのですが、限界を感じ、まきびさんを訪れたのです。

とりとめのない自分の話でしたが、佐々木先生は、自分が苦しく感じているポイントを整理して下さいました。 30年以上もこじらせた頭の中はかなりグチャグチャだったのですが、ポイントを客観視することで、少し気持ちが落ち着きました。

また、それらは自分の人格の問題ではなく、〝脳の状態の問題〟として捉えるように言われたことにも、何だか安心感を覚えました。

その日から早速、教えて頂いた食事と生活の改善に取り組んでみました。 最初は半信半疑でしたが、月に一度のカウンセリングも続けさせて頂き、10月くらいからでしょうか、あれだけ重苦しく感じていた気分が、かなり軽くなっていることに気づいたのです。

改めて考えると、かなりの劇的変化なのですが、春から夏にかけて、自分が変わってきているとは特に感じていませんでした。

確かに最近、気分のひどい落ち込みは無いなとは思っていたのですが、自分が実際に変化していると実感したのは11月になってからです。

以下、佐々木先生と話をしていて実感した自分の改善点です。
・気分がひどく沈むことがなくなった。
・子どもの時から漠然とあった不安感を感じなくなった
・物事について考えすぎることがなくなった。
・人混みにいると出てくる不快感を特に感じなくなった。
・寝る間際にあった憂鬱感が無くなり、熟眠感があり、朝もスッキリ起きることができるようになった。
・過眠がなくなった。
・嫌な記憶のフラッシュバックが軽減した。
・人と無理して話さなくてもいいのだと思え、焦りがなくなった。
・人の些細な行動に苛立つ気持ちが持続しなくなり、頭に残らなくなった。
・周囲の人間を変に悪く捉える気持ちがなくなった。
・仕事に焦らずに取り組め、力配分をある程度加減できるようになった。
・本を続けて読んでも目が痛くならず、ゆっくり読書できるようになった。
・過去の自分の問題点全般を思い起こしてみると「そういうこともあったな」という軽い感じになった。
・頭痛や胃もたれが激減した。
・人生で、今が一番無駄な力が抜けて楽に生きているように感じている。

昔からの友人には、『前に会った時より表情が晴れ晴れしている』と言われ、自分の変化を再認識しています。

気持ちが軽い自分というものを大人になって初めて体験している訳で、少し持て余し気味なのですが、今の日々は、とても楽です。

これからもカウンセリングを続け、気持ちが安定している状態を維持し、確固としたものにしたいと思っています。 これからもよろしくお願いします。


感想52「人生が重い、辛い、死にたい気持ちから解放された」

仙台市在住 K・H さん

まきびさんを初めて訪れたのは、2013年の10月だと記憶しています。
今となっては、今までが嘘のように楽に生きていますので、
少々忘れ気味なのですが笑、そのときの思いを振り返ってみたいと思います。

・長年、「人生が重い、辛い、死にたい」という気持ちから逃れられなかった。
 たびたび、自分が生きているのか死んでいるのかわからなくなった。
 常に「自分はいないほうがいい存在」と思い続けていた。
・いつもぼーっとしていた。世界で自分ひとりになる感覚がよく訪れた。
・目の前のことをやろうとしても全く手がつかず、パニックになった。
 やらなければいけないことが三つあるとしたら、二つしかできない感覚。
 できないから焦り、さらにできなくなる、という悪循環が繰り返され、どんどん自己嫌悪に陥った。
・罪悪感、劣等感から、人と正直に接せられない。結果、つかなくていい嘘をつき続けた。
・猜疑心が強い。褒められても、「馬鹿にされた、自分が褒められるわけない、裏があるに違いない」と思う。
・自分の「中心」がない。自分はドーナツのような存在。
・常に理由もなく疲れていて、体がとにかく重たい。立ち上がるのも億劫。
 車から降りて家に入るだけなのに、車から降りられなくて3時間経つ、ということがざら。
・異性関係はルーズ。
・酔っては人に迷惑をかける。アルコールに依存していた。

こういう状態について「おかしい」と思いつつも、
別に自分なんて大したことない、世の中もっと大変な人はいるんだから…
などと、ごまかしごまかし、騙しだまし、なんとかやってきました。
また、なぜこうなっているのかということについて、色々思い当たる節が多すぎて、
自分ではもう手に負えないなとは思いつつ、向き合いたくなくて否認していたのだと思います。
だけど、いよいよ苦しくて仕事も回らなくなって、どうしようもなくなって、
専門家にお願いする決断をして、すごく勇気を出してまきびさんに行くことにしました。

1年2カ月通って、こんな風に変わったと思います。

・とにかくスムーズに物事をこなせるようになった。頭の中で変なストップがかからなくなり、
 「やりたい」と思ったことをそのまま行動にできるようになった。仕事の能率も向上した。
・人生が重いという気持ちや、死んでしまいたいという気持ちがさほど出なくなり、

 「とりあえず今は死ななくてもいいかな」と思えるくらいにはなった。
・自分を卑下したり、劣等感を抱いたりすることが減ったので、
 嘘をつくことなく、素直な自分で人と接することができるようになった。
・人から褒められたときに、嬉しいと感じられるようになった。
・化粧したり、おしゃれをしたりすることに罪悪感がなくなった。

やりたいことができなくて、何をするにも「よいしょ!」と乗り越える感じが解消されて、
色々なことが苦労なくできるようになったことが一番大きな喜びです。
素直に「なりたい自分になっていいんだ」と思えることに自分でも驚きます。
世の中が違って見える、といっても言い過ぎではないくらい、
楽に存在できるようになったと思います。

カウンセリングに行く覚悟を決めるところで、本当に大きなハードルがありました。
何より自分をさらけ出す怖さ、自分と向き合いたくない気持ちがありました。
でも、勇気を出して本当に良かったな、と振り返って思っています。

人生何があるかわかりませんので、今後さらにどん底に落ちるかもしれません。
そんなときは、また佐々木先生のもとを訪れて元気にしてもらえると思えば、
何とか生きていけそうな気もします笑。

佐々木先生には本当に感謝しております。ありがとうございます。
そして今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


感想51「変われないと思っていた自分でも変わることができた」

仙台市在住 S・A さん

私が、佐々木先生と出会ったのは、
今から約02年前頃です。
その頃の私は、他人から嫌われるのが
怖くて、自己主張することが、
できず、他人の顔色ばかり
伺っていました。
また、頼まれ事をNOと言って、
断ることもできなかったので、
周りの人から利用されることも多く、
日々、生きにくさを感じていました。
徐々に、生きにくさを感じる日々に嫌気が差し、
もっと、楽に生きたい、

何とか自分を変えたいと、
思うようになりました。
しかし、自分の力では、どうすることも
できず、プロの方の力を借りようと
思い、インターネットで、
見つけたのが、『まきび』でした。


初めて、佐々木先生と
お会いした日、
人見知りで緊張しやすい
私は、緊張のあまり
固まってしまい、
中々、話し出すことが、
できませんでした。
しかし、佐々木先生は、
私が話し出すのを
ただ、待ってくれていました。
凄く、安心したのを
今でも覚えています。


佐々木先生のもとで、
カウンセリングや
食事療法を受け始めて、
数ヶ月が経った頃、
佐々木先生を始め、
友人等から、
「変わったよ」とか、
「前と話す内容が違う」と、
言われるようになり始めました。


自分では、気付かないうちに、
少しずつ、自己主張が
できるようになり、
自己主張をしても、
周りからは、
「嫌われない」ということを、
認識していたのです。


現在は、
自分の感情を出したり、
言いたいことを、
大分、言えるようになり、
今までの自分との違いに、
戸惑ってしまうことも
ありますが、
前よりもかなり、
生きやすさを
感じながら、
生活できています。


佐々木先生の、
カウンセリングを
受け始めたばかりの頃、
「どうしたい?」
「どうなりたい?」
って、聞かれた時がありました。
私は、
「もっと、楽に生きたい」
「言いたいことを
言えるようになりたい」
と、答えました。


その際に、
佐々木先生は、
実現できるように、
治療していくし、
なれるよ!!
そうなれた時は、
見える世界が、
生きてる世界が今と、
違って見えるはず!!
と、おっしゃりました。
しかし、私は、
信じられませんでした。
佐々木先生には、
大変失礼ながら、
そんな訳ない。
きっと、変わらない。
と、内心思ってました。
自分を変えたくて、
スタートさせたのに…


しかし、やらないうちから、
できない、ムリとは、言いたくなくて、
佐々木先生のもとでの治療を、
半信半疑ながら、続けました。


その結果、
佐々木先生が、
おっしゃっていたことが、
現実になったのです。


私は今、
心の底から、
先生に感謝してますし、
治療中に、過呼吸発作を
起こして苦しんだり、
大好きな甘いものを
制限したりと、
大変なこともあったけど、
諦めずに続けて、本当に、
良かったと思っています。


もし、今、苦しんでる方が
いらしたら、
私は佐々木先生を
自信を持って、オススメします。


最後に、
佐々木先生、
本当にありがとうございました。
先生には、本当に、
感謝してます。


今後も、何かあったら、
お世話になると思いますが、
宜しくお願い致します。

感想50「暴力をふるわなくなり、うつ症状もでなくなり、自分に自信がもてるようになった」

仙台市在住 匿名希望さん

(問題)
1.妻と口論から暴力をふるってしまった。
2.学生時代に異性に対して、執拗につきまとい、傷付けてしまったことがあった。
3.実家でも家庭内暴力をふるったこともあった。
4.新しい物事及び知識習得に対する恐怖心があった。
5.対人関係への恐怖心があった。
6.周りの人に対する自己中心的な考え方が強かった。
7.周りの人を警戒し、信用していなかった。
8.人から何かをしてもらおうという気持ちが強かった(自分はこんなに頑張っているのに、相手は何もしてくれない)。
9.仕事で疲れやすく、うつ・適応障害と診断され、3か月の休職を経験した。

(カウンセリングを受けてからの改善点)
1.妻や実家の家族と喧嘩することも少なく、穏やかに過ごせるようになった。
2.疲れにくくなり、うつ症状もでなくなった。
3.仕事に前向きになることもでき、上司の評価も上がった。
4.仕事に対しても人としても自信が持てるようになった。
5.以前より、対人関係の恐怖心がなくなった。
6.人に対する関心が出てきた。
7.相手の話を聞けるように、また、立場に立てるようになった。
8.自分から発信したり、誰かのためにするという気持ちを持てるようになった。

感想49「統合失調感情障害の診断から薬なしで週5で働けるようになった」

宮城県在住 Kさん

私は父が家にいることがほぼなく、連絡もとれないというわけのわからない家庭状況で育ちました。高校の時に父親の借金問題で家を取られたりするなど、家庭の問題のストレスが私にとっては苦痛のひとつでした。

その後も進路がうまくいかず、そのせいか、ある時期から何も手につかなくなり、お風呂にも入らない状態が8か月続き、その後は買い物依存をしたり、わけのわからない言動、行動をするので、強制入院をさせられ、統合失調感情障害の診断を受けました。

閉鎖病棟にも4回入りました。薬は13種類が最高で、そのありとあらゆる副作用に20代の間ずっと苦しんできました。

20代の終わりに薬による改善をあきらめ、カウンセリングにかけてみることにしました。

カウンセリングを始めるも最初はバイトすら思うように続きませんでした。そしてなぜだか自分を理解してくれない人と仲良くなろうとしてしまう癖がありました。

そこから数年かけて食事療法やカウンセリングを受け続けていくうちに自動車免許の取得、バイトが続くようになり、介護福祉士などの資格を取得し、もう3年以上、週5で働くところまでに精神状態が安定しました。

最近ですが、自分を否定してくる人、自分と合わない人をさけることができるようになりました。おかげで明るくなったと周りから言われることもあります。

20代の間、ずっとつらかった記憶を今でははっきりと思い出せないほど、充実した日々を過ごしています。ここまでこれて本当によかったです、まきび先生、ありがとうございます。

感想48「妄想や急な体調不良が軽減し、自分に自信がもてるようになった」

宮城県在住 H・Sさん
 

私がまきびさんに通うきっかけは、精神・身体ともにかなり追い込まれていた状態で過ごしていた頃に、家族から聞いていたまきびさんの存在を思い出したことからでした。

当時の私は、愛犬の突然の死によるペットロスに加え、別れてからも数年気持ちを引きずっていた元カレが結婚したことを知り、そのショックで1週間食べ物を受け付けられないほどの状態で、藁をもすがる思いでまきびさんを頼りました。

佐々木先生はすぐに対応してくださり、それだけでも心の拠り所が見つかった気がして先々の不安が和らいだのを覚えています。

私の場合、幼少期の頃から自分に自信がもてませんでした。失敗してはいけない状況であればあるほど失敗してしまい余計叱責されたり、そのことで気持ちが萎縮してしまい仕事や生活においても無駄に時間がかかりすぎていました。

また、「新しい場所に行くこと」、「新しいこと」、「少しでも緊張状態になること」が苦手で、その前には必ず体調が悪くなり、せっかくの楽しいイベントすらも具合の悪さに耐えることで精一杯、もしくは直前でキャンセルなどという事態も。。。

さらに、人を見る目がない為、騙されやすく、恋愛面においてもジャニーズ系の顔の男性を好きになる傾向があり、その人がイライラする癖やDVっぽい癖がありそうにもかかわらず、気持ちが傾いてしまう傾向もありました。

このことから、日常生活で心の底から楽しい!と思えることがなく、未来に希望が持てず、とにかく全てにおいて悪循環に陥っていました。

私は、小学生の頃から常に「死にたい」という感情がありました。 世間の方々もこの感情を抱えながら日々生活しているものなのだとばかり思っていました。

それが佐々木先生のカウンセリングを受けて、私だけだったことに気づくことができました。

通い始めて半年後あたりから変化がみられるようになりました。

まず、原因不明の体調不良が減りだしました。

先生から指摘されるまで自分では気づかなかったのですが、苦手だった合コンへ行ったり、人の多い場所にも抵抗なく行けるようになっていました。

さらに、自分に自信がもてるときも増え、仕事が今までの半分の時間でこなせるようになったり、自分で企画をだして成果をだせるようにもなりました。

また、人を見抜く力が以前よりはついた気がします。 何より心理療法を受けて不思議だったのは、自分を大事にしてくれなさそうな人を好きになってしまった時に治療を受けたら、実はその人を全く好きではなかったことに気づけたことです。

現在は、些細なストレスに対して自分でうまく対処できるようになり、自分の人生を自分の思うように生きれるようにまでになりました。

仕事も、右から左に言われたことだけをこなすのではなく、より自分の力が発揮できる仕事へ転職することが決まりました。

「死にたい」とまで思っていた私が、常に前向きに物事を考えられるようになり、毎日が楽しい!と気づかせて下さった佐々木先生には本当に感謝以上の感謝の気持ちでいっぱいです。今後ともよろしくお願いいたします。

感想47「鈍く重い疲労感からの解放」

宮城県在住 Aさん
 

いつからかわからないが、急にどっと疲れてしまう感覚があり、数日動けないことが頻繁にあった。


ほかの問題でカウンセリングに来ていたのだけど、佐々木先生から「疲れ方がおかしい」と指摘を受け、よくよく意識してみると身体の芯から重く鈍い感覚があり、何もしたくない感じ、頭がぼーっとして何も考えられない感じがしていることに気づいた。先生に指摘されるまで自分の感覚なのにイシキできてないことにもびっくり!


カウンセリングの中でこの「鈍く重い疲労感」がどこからくるのか、心理療法をしてもらったら、出産、子育てのときの疲労感と似ていることに気づいた。


思い起こせば、出産、子育てのときは娘がよく夜泣きをし、他の子たちも騒いだりと睡眠時間も満足にとれず、いつも「ゆっくり寝たい」「私はこの子たちの子育てだけで一生を終えるのか」と憂鬱にも、被害妄想にも近い感覚にとらわれていたことを思い出した。


そしてこの「鈍く重い疲労感」が夫がイライラしたり、怒鳴り声をあげてるのをみたり、聞いたりしたときに起こることにも気づけた。


出産、子育てにまつわるこの「鈍く重い疲労感」と夫のヒステリーに関してトラウマ治療をしてもらったところ、60代半ばを過ぎた私が、この一か月まったく疲労感が出ず、動けるようになった。


出産・子育てなんて大昔から誰もがしていることが『トラウマ』をもたらしてる!なんてあまったっれるな!と言われそう・・・。


でも、でも、たとえ私だけだと言われようと、私は辛かった!ゆっくり十分に眠りたかった!育児以外に楽しめることをちょっとでいいからやりたかった!

そして、この頃言われるようになった男の更年期、夫のヒステリーの的になんかなりたくない!


子どもの年代で、しかも男性の佐々木先生が、今までほとんど誰にもというくらいわかってもらえなかった辛さをわかってくださっての治療。本当に、ほんとうに、ありがとうございました。

感想46「発達障害っぽい症状に困ることがなくなった」

仙台市在住 A・Hさん


まきびさんに通っている友人が調子が良くなったという話を聞いて興味が持てたのがきっかけでした。私は感想文が苦手なので箇条書き要点のみを書かせていただきます。


私の問題点
・被害妄想が強く、自分の悪口を言われている気すらする。
・街中を歩いているとイライラして疲れる、ひどい時には殺意すら芽生える。
・電車に乗っていると周りの人の声が大きく聞こえ耳障りに感じる。
・営業もしなきゃいけない仕事なのに営業が大の苦手。
・人との距離感がわからず、空気が読めない言動をしてしまう。
・自分のやりたいことがわからない。
・やろうとすることにうまく取り組めないことが多い。


通ってからの改善した点は
・被害妄想が消え、街中を歩いていても疲れない、イライラしない、殺意はもちろん芽生えなくなった。
・電車に乗っても周りが気にならない。
・営業に対するコンプレックスが減った。
・人との距離感がいくらかわかるようになり、相手の雰囲気、考え方のパターンを読んで行動できるようになった。
・私の「自分のやりたいことがわからなくなる理由」がわかった。
・うまく物事に取り組めない理由がわかり、自分の活かし方がわかった
・何より仕事のアドバイスもしていただき、収入が二倍以上に増え、対人関係が楽しくなってきた。


まきびさんと出会ったおかげで、カウンセリング前から抱いていた、到達するのが無理だと思っていた「理想の自分」にかなり近づくことができました。これからは自己成長ためお世話になると思いますので、よろしくお願いいたします。

感想45「発達障害の疑いがある娘が仕事を続け、結婚までできた」

仙台市在住 Aさん

 

私は娘のカウンセリングを佐々木先生にお願いしているものです。

娘は幼少の頃から他の子供たちとは何か違っていました。


それがはっきりしたのは小学生のときです。娘は小中とずっといじめにあっていたのですが、その理由が「周りの空気を読まずに発言してしまう」「それを言ったらバカにされる、いじめられるだろうことを考えずに発言してしまう」ということでした。


他の兄弟は自然に友達を作ったり、周りに溶け込んでいくのに、なんでこの子だけ、と悩みました。


知人の医師に相談したところ、「発達障害かもしれないね、」と言われ、その後、夢中で発達障害について調べました。この時、娘はすでに二十を超えていました。


すでに成人になっている娘には怖くて今も話しができておりません。


それまで、私の育て方が悪かったのかと自分を責めてきましたし、夫も娘の出来が悪いのはお前のせいだと言われ、余計につらく苦しい時間を過ごしてきました。


そんなときに、知人にカウンセリングルームまきびを紹介され、娘をお願いしてみることにしました


食事療法、睡眠の仕方等を教わり、実践していきました。


変化を感じたのは、娘と外出した時に周りの人に気を使って話しているのをみたときです。「あれ、こんなことできたかしら?」今までの娘は食事でもまずいものはまずいと言ってしまったり、気に入らないものは態度に表わしていました。


そして娘にとって気に入らない、聞きたくない話をするとすぐに怒り出して会話にならないことが多かったのですが、娘から自分の弱い分、できないことについて悩み相談をされるようになりました。


私の印象としてはかたい、ロボットのような動きや話し方がやわらかくなった感じです。


娘は自分が変化したとはあまり気づいていません。私と主人は気づいているのにです。


カウンセリングに通ってから仕事は不満がいくらか出るものの、続けることができています。

そして娘から「結婚したい」との話まででました。男性のだの字もでてこなかった、デートもしたことのない娘からです。


それから娘は若者がいく「街コン」等に参加し、お付き合いしていただける男性にも恵まれ、結婚もすることができました。


結婚が決まったときの、私たち夫婦の安堵感といったら、言葉にいいあらわせないくらいです。

あとで娘に聞いたら、カウンセリングで心理療法を受けたら、頭の中のイライラ感、そわそわ感、ぐわーっとくる感じが減り、頭の仲がすっきりする、楽になる感じがあって、過ごしやすくなったとのことでした。


発達障害を調べて思ったことはたぶん、このすっきり感のおかげで娘がやらわかい物腰になったのではないかと考えています。発達障害の場合、過敏な感覚に支配されて思うように生きることができない、というような話を何度となく読んでいました。


二十を超えていても、こんなに変われる!私たち夫婦には佐々木先生は魔法使いか!と思えるほどです。そして、どんなに感謝しても感謝しきれません。ありがとうございます!

感想44「家庭内の問題が緩和され、前向きになることで仕事の収入も増えた」

仙台市在住 H・S さん

 

カウンセリングを受ける前の問題点

妻は家族のことをよく考えてくれる女性でしたが、家事が苦手で、部屋は荒れていることが多かったです。それを注意してもなかなか改善せず、さらに私が家事を手伝っても、あてつけだと勘違いされ、喧嘩することが多く困っていました。

子供が出来てからは、妻が私に無理を言うことが増え、一時は離婚も考えるほど大変な時期がありました。

私の仕事は自営業でしたが、与えられた仕事をこなしていくだけで、なかなか儲けがでませんでした。計画的に進めることが苦手で、帰りが遅くなってしまうことも
しばしば…。

忙しさのせいにして、お金の管理もずぼらだったので、自分が一体どれだけ稼いでいて収入の目標がどこにあるのかも定まっていない状態でした。


けれど私は、そんな弱みをみせないように、また、自分でも見ないように、「ひとりでなんでもできる」と虚勢を張って、周りの人間を困らせていたように思います。

カウンセリングを受けての改善点

そんな私を見かねた妻が、カウンセリングを受けるように勧めてくれました。

半信半疑ではじめたカウンセリングでしたが、夜中に突然襲ってくる激しいイライラが徐々に改善され、妻のことも受け入れることができるようになっていきました。


「部屋がキレイになることよりも、夫婦が仲良く過ごせるほうがずっといい。」
どうしてキレイな部屋にこだわっていたのか、そのことに気付いてから、自分の中にある不自然な常識がどんどん覆されていきました。


仕事も早くこなすことばかりで常に焦りがちだったのが、ひとつひとつ丁寧に
計画的に進めることができるようになり、さらに、何が必要でなにを切り離すべきなのかの判断もカウンセリングを通して理解できるようになっていきました。


特に新しいことをせずとも、それだけで月々の収入が3倍以上に増え、
会社の売上が5倍以上に増えました。


現在では人を雇い、もっと大きな仕事にチャレンジしています。

生きている以上、不快を感じるのは当たり前だと思っていました。

それを取り除くことなんて少しも考えたことはありませんでしたが、いざ、カウンセリングによって目の前にさらけ出された自分の中にある不快の量を知ると、その海は想像していたよりもずっと広く深遠で、いかに今までの自分が目隠しをされたまま生きていたのかがよくわかりました。


これからも、その不快をしりぞけ、楽しい人生を歩んでいけたらと思います。
不安や恐怖、不快感はなんとかなるもの、そういう世界を求めて生きることが
許されるのだと思えるようになりました。

感想43「不安と孤独と疎外感、被害妄想がなくなり、人生を楽しめるようになった」

仙台市在住 M・Sさん


なんとなく自由ではない、誰かのために”私”があるような、不安と孤独、そんな日々に慣れてしまって、辛いのがあたりまえ、我慢するのが当たり前。

そう思って生きてきました。

通い始めたのは、もうだめだ、と思ったから。一人ではどうしようもないと思ったから。
それまでもずっとそんな気持ちを隠しながら、”ふつう”のふりして、なんとか生きていたような気がします。

通い始めたころは、何事も悪い方へ考えては不安や恐れを自分で大きくしていたように思います。また頭重やだるさ、とにかく原因不明の不調がたびたびありました。

不安と寂しさで一人ではいられず、かといって人といても気持ちが休まることはなく、私には安心 して”居ることができる場所”がないと感じては疎外感や孤独に襲われていました。

人と関わりを持てば、あれはどうだったのか、これはどうだったのか、いろいろ考えずにはいられず、一度頭の中に考えが浮かんでくると、それに囚われていました。苦しかったり、寂しかったり、不安だったり、孤独だったり、とにかく泣いてばかりいました。

カウンセリングを進めていくうちに、被害妄想がだいぶ減ったように思います。

それに伴って、あれこれ考えることも少なくなり、なんていうのか、人生の時間の質が変わってきました。

たまに私を悩ませたり苦しませたりする考えが浮かびますが、それを脇に置いておけるようになりました。おかげ で、いまはこれからの人生に対していいイメージが膨らんで、これからが楽しみ!と思えます。

感想42「自分の変わったという実感より先に周りから変わったと言われるようになった」

宮城県在住 Wさん


私は友人の紹介でまきびを知りました。カウンセリングを受ける前までは、人にキレたり、何もしていなくても不安な気持ちになることも多いなど、何となくスッキリしない日々が続いていました。

そこで、カウンセリングを受けてみることにしました。心理療法を受けると嫌だった出来事や不安なことがすっかり消えて帰る頃にはとても楽になります。

ただ自分では自分自身の性格や行動が変わった実感自体は少ないのですが、周りの友人たちが変わった、穏やかになった、感じがよくなったなど言ってくれるようになりました。

現在は会社内でも体力勝負と言われる部署で働いています。何度となく嫌なこともあり、その都度、自分なりに対処しました。佐々木先生にもその対処方法については褒めて頂きました。

自分では自然に思いついた対処法だとは思っていたのですが、よくよく一年前の自分を思い出してみたら、前までの自分では上司にキレたりして会社に行きづらくなっていたのでは?と気づきました。

実際に、こだわりすぎるところも減り、怒りにくくなったと思います。

心理療法は効いていると思っていますが、「変わった!」という実感はそれほどない、不思議な感じではあります。これからもよろしくお願いします。

感想41「カウンセリングで会社経営も変わる!」

仙台市在住 T・Sさん

 

私は、佐々木先生とめぐり逢うまでは、大変で気が重く、仕事(自営業)も思うように進まない毎日でした。

前社長であった父が莫大な借金を残して5年前に急逝し、それからは会社の運営に四苦八苦していました。

どう仕事をすすめていけばいいのか迷うことが多々ありましたし、今のこの苦しい状況全てを父のせいにし、なんとなくやらなくてはいけないことを後回しにしていた自分がありました。

また足を引っ張っている従業員、苦手な従業員とのやりとりも苦手で事務所に居るのがとても嫌でした。

そんな状況の中、佐々木先生のカウンセリングを受けました。

その時の衝撃と言いますか、自分は今何をしなければならないのか?・・・といった自分自身への気づきが生まれました。心身ともにフッと軽くなったのを今でも覚えています。

それから毎月2回のカウンセリングを受け、約2年間の間に私自身と周りのスタッフ、会社の状況などが劇的に変わりました。

まず残された私と母との親子喧嘩がなくなったこと、今までは何もかも自分一人で対処していたのですが家族で協力する体制が深まったこと、方向性が定まりすぐに必要なことに手を付けられるようになったこと、話し合ってもわかりあえない、会社のために協力してくれない従業員に対して厳しく対応できるようになったこと、会社の経費節減に協力してもらい、年間1千万円の経費節減を達成できたこと・・・

などなど、先生のアドバイスによって改善された問題は数えきれないほどです。
現在ではメンバーで楽しく、いい雰囲気で仕事ができるようになりました。
自分自身を目覚めさせてくれたこと、本当にありがたく感謝いたします。

感想40「社会人になってから初めてあじわう穏やかな生活」

仙台市在住 N・Oさん


私は結婚し、前の仕事を辞めてからすぐ就職活動を始め、新しい仕事に無事就くことができました。今までと全く違う仕事ですが、精神的にも肉体的にもものすごく楽に過ごせています。

お陰様で、社会人になってからこんなに心が穏やかな状態なのは初めてです。つまらないことでグズグズ悩んだりしなくなりました。たまに気分が下がることもありますが、「なるようにしかならないんだな」とあんまりくよくよと考えてなくて、むしろドーンと構えてます。

カウンセリング受けてきた賜物なのかな〜と。
本当にありがとうございました。

これから育児とか家庭のトラブルがいろいろ出てくるかもしれません。
どうしようもなくなったら先生の力をお借りするかもしれませんが、
その時は宜しくお願いしますね。

感想39「職場のつらい人間関係が楽になった!」

宮城県在住 Y・Tさん


私が佐々木先生と出会ったのは約2年前の春でした。

それまで勤めていた会社を辞め、これからどうしよう!と悩んでいた時期でした。そんな時に友人の紹介で佐々木先生のカウンセリングを受けるようになりました。

当時の私は今とは別人で顔がいつも目がつり上がって怒った表情をしていて、相槌を打つ程もなかったぐらいにしゃべりまくっていたそうです。

カウンセリングを受け始めて3ヶ月ぐらいして新しい仕事が決まり、安心したら今度はその新しい会社での人間関係に悩みました。それまで出会ったことのないタイプの人達や、身内や親戚同士で同じ会社・部署で働いている人が何組もいる環境の中で不馴れな仕事をしていたため、
新たなストレスがたまり、なかなか心理的負担を軽減出来ずにいました。

いつしか会社を辞めたいといつも思うようになっていました。

しかし、佐々木先生に些細な事も含めて感じていることを全て吐き出し、色々アドバイスをいただきました。先生がずっと仰っていたのは「一つの物事を一方から見ずに色んな角度から見る」でした。その様にしていたら少しずつですが、楽になりました。

それまで苦手だった人と大分楽に話をすることが出来るようになったので職場へ行くつらさがほぼなくなりました。仕事自体に関してはまだまだ学ぶことが多くて大変ですが、人間関係が楽になったおかげで職場に行きやすくなりました。

先生のおかげです。ありがとうございました。

感想38「家で暴れることもなくなり、社会復帰へ」

宮城県在住 Oさん

 

私ははかつて、ある夢を追いかけていました。

しかし、その夢に近づくために取り組んだ就職活動で大きくつまずき、絶望し、やがて自暴自棄にはまっていきました。

実際のところ、私は家の中で何度となく暴れるようになっていました。

また当時の私は、人と話そうとすると固まってしまい、面接や対人場面ではろくに喋ることができませんでした。

さらにこだわりが強く、人の意見を聞き入れることができずにいました。

そして、常に頭のなかを考えがめぐり、 実現の見込みもない夢にいつまでも固執したあげく、
足元にある現実の生活を軽んじ、疎かにしていたのです。

カウンセリングルームに通い始めた私は、心理療法と食事療法を通じて徐々に落ち着いていきました。視野が広がり、思い込みにとらわれることが減り、自分にとって何が一番大事なのかが判るようになっていきました。

私は社会復帰に向けて行動を起こし、まずアルバイトから始めてみることにしました。
結果として一年半にわたり働き続けることができ、管理責任者に抜擢されるまでになっていました

私は、カウンセリングに加え、仕事を通じて人と話すことが自然とできるようになっていき、
人の意見を聞く余裕を持てるようになりました。

そして、頭のなかを考えがめぐることも減り、リラックスしていられる時間が増えていきました。非現実的な夢を考えるよりも、まずは目の前の生活を優先的に考えられるようになったのです。

今の私は、まだ十分ではないとは言え、かつての私に比べれば遥かに成長してきていると思います。今後さらにどのように成長し変わっていけるのか、とても楽しみです。

感想37「見た目も恋愛経験も関係ない!気分よく相手と過ごすことが大切」

宮城県在住 Tさん


私がまきびに訪れたのはそれまで恋愛経験が乏しく男性との出逢う事が少なかったので、それがコンプレックスになっていました。


そこで思い切って佐々木先生に相談しました。「結婚願望はあるのに出逢う場所もどうしたら良いのかも分からない」と。そうしたら「結婚相談所に入会して婚活してみたら?」と言われました。

入会する事に少しだけ躊躇しました。何故なら結婚相談所に対して自分でもよく分からない変な偏見を持っていたからです。


しかし、先生の「恋愛や結婚に奥手な人が結婚目的に入会して出逢いを求める場所だから皆同じ」との“鶴の一声”に背中を押されて思い切って入会しました。


2013年6月に入会してから何人かの男性を紹介していただいては食事やドライブに行ったり…。殆ど1回逢っただけでダメか、何回かドライブに行ったりした中で、4ヶ月ぐらい経ってある男性と出逢いました。その男性が今の彼(夫)です。

9月に入会した彼は最初に紹介されたのが私だったそうです。
彼に対する印象はドラえもんに出てくる「太った汗かきのび太君」!!(笑)

紹介していただいたその日に早速食事に行き、
今までの恋愛経験、人生など色々話をしました。
この日からデート、ドライブを何回も重ねました。
秋には栗駒山に紅葉狩り、居酒屋に飲みに行ったり…。

次第に彼と付き合いたいと思うようになり、正月に私から告白しました、電話で(笑)。


この間も佐々木先生には色々アドバイスを頂きました。

プロフィールを見せては彼の人物像を見抜いてどうしたら
彼と気分よくお付き合いできるかについて教えていただきました。

そのかいあって彼との交際も順調に進み、彼との結婚を考えるようになりました。一緒にいて良い意味で遠慮がなくなってきたんです。


そして思い切ってプロポーズしました、私から!(笑)彼も私との結婚を考えてくれていたみたいで、その場で「結婚しよう」と返事貰いました!

そしてその後も順調に物事が進み、お互いの両親に挨拶し、1ヶ月後には辞めたかった会社を寿退社して最近、入籍して今では専業主婦の仲間入りしました(笑)

結婚した今でも佐々木先生には相談してます。

「専業主婦で仕事していないから、家事が終わったら何をしたら良いのか分からない!」という新たな悩みです(笑)

感想36「人生観が変化」

仙台市 A・Sさん


私は年金を頂戴している高齢者です。
さて今回のお話は私の人生においてある時期より人生観が変化したことです。

と申すのは私が嫁いだ時より商人になり、家事を守りながら、商人生活48年、義父母子育て、遊び人の夫との生活の中、仕入先、銀行からの借金の返済に追われ、苦しい日々でした。

精神的にもストレスが蓄積し、何で解消するかと言うと洋菓子等を我武者羅に食べ、不規則な生活を送ってました。

その後、体重は増え、糖尿病と甲状腺機能低下症に侵され、自分は長生きはできないと思い込んでおりました。

私の性格は一見して楽天的なようで裏側は神経質なところが有り、物事にこだわる所が多くあり、心身共に疲労困ぱいの連続でした。

そんな折に六年前に佐々木先生にめぐり会い、この状態を正直に告げ、聴いて頂き、沢山のアドバイスとカウンセリングを受けました。


今私は何を悟ったかと申せば、


「人生に八方塞がりは無い」

自分自身の心の持ち方を多方面から考え、実行する事に依り、物事の考え方に余裕のある人生に変化した事です。今までは余りにも現実ばかりを一方的に考え込んで不安と苦しみから解放されず、精神的に余裕のない生活でした。

またこのこだわりを捨てました。


この先、何年生きるかわかりませんが見栄も外聞も捨てありのままに生きる、この事を若い佐々木先生より得ることができました。
先生 ありがとう

感想35「娘がカウンセリングで成長したことをきっかけに自分も変化を実感!」

東京都 M・Kさん


わたしと佐々木先生のお付き合いは、6年以上になります。
一時期、先生のカウンセリングを受けていましたが、途中でお休みになりました。


その後、私の仕事(リンパドレナージュ)の関係で
縁あって再びクライアントさんそして私の娘、を紹介することになりました。 

そしてその事が 私のカウンセリングを再開する!!キッカケ!!
になってしまったのです。
なぜなら〜〜〜
ご紹介したお二人がとても変わられたからです。


再開した当時、私は62歳を過ぎていました。
カウンセリングを続けてもう2年以上が過ぎます。

何歳になっても自分は変われる!!気付いた時がスタート!!


下記にどう変わったのか書き出してみました。

1、母親の教育の影響を受け、人と話をする時、
相手に意思を的確に伝える事ができ難く相手を不愉快にさせてしまう。
幼少時は、ドモリ という症状を経験した。

今では自分に自信が持て、ゆっくり、状況判断しながら話ができる。


2、自分を取り巻く人と上手くコミ二ュケーションができなくて
相手のペースに巻き込まれ、思っている事と反対の行動を起こし
自己コントロールできなくなり、とても疲れてしまう。

相手と自分のスタンスがはっきり見え、自分の考えや、
行動が良く把握でき落ち着ける。
その結果疲れ難くなった、


3、毎日ストレスになりそうな事象が起きる中、
いらいらして自分で自分を苦しめス トレ スにしていた。

あまり脳が過活動しなくなり冷静で穏やかでいられる。

挙げれば沢山ありますが、そんな日々を送りながら、今では
     
いつも満足感があるので一人でいることが淋しくない。、 
一人の気楽さ!自由さ!! 開放感!!を楽しめる。
     
睡眠は以前より深くなり 起きたとき気もち良い!!

良いことばかりです。


ここまでにして下った佐々木先生にとても感謝しています。 
今後もできる範囲で続けてゆきたいと思います。

感想34「本当に心のバランスが取れた状態を実感!」

東京都在住 T・Tさん

 

佐々木先生との出会いは、母が佐々木先生と知り合いで母から「カウンセリングルームまきび」の話を聞きました。当時の自分は、自分がカウンセリングを必要とする困った状態にあるという認識は特になく、そのときは興味本位でカウンセリングを始めました。

 

今の自分が当時の自分を振り返ると、かなり切羽詰まった状態にあったなと感じるので、カウンセリングをそのときに始めて、本当によかったです。

 

当時の私は、一言でいうと自分に自信が持てませんでした。自分に自信が持てないことから起因して、次のようなことがありました。

 

1.まっすぐに人の目を見て話すことができませんでした。
2.大勢の前で話したり演奏したりした後は、胃が痛くなりました。
3.人と長時間話した後、頭が痛くなりました。

 自分に自信が持てるように常に「自分を磨く」ことに従事していました。

 

「自分を磨く」とは、目標を高く設定し、険しい道を自ら選んで突き進んでいくようなものでした。

 

大学で建築学科に在学中、大学の課題に加え、サークル・バイトもしながらダブルスクールをして情報処理の資格を取得しました。

 

大学卒業後はドイツへ留学して理学修士を取得しました。ドイツを選んだのは、修士を取ると同時にドイツ語も学べるし、ヨーロッパのいろんな国々を旅行できるという理由からです。

 

このように、いつでも濃度の濃い時間を自分に課していることがよく分かると思います。

帰国後は、あこがれの建築事務所に就職することができました。

 

ただ、そこでも自分で自分を追い込むような高い目標を設定し、締め切りが迫っているわけでもないのに常にあせりを感じて、夜中の1時、2時まで仕事をしていました。睡眠時間が少ないのに、仕事が気になり夜の寝つきが悪く、眠りも浅い状態でした。

 

仕事だけでも十分に忙しいのに、さらに一級建築士の資格取得のため、週末も勉強に励んでおりました。自分の中で、こうでありたいという理想像をつくりあげていたために、自分の現状に常に満足できずにいました。目標とその結果ばかりに着目し、目標を達成するまでの過程を楽しむゆとりがありません。このような状況だったので、プライベートを楽しむゆとりも、もちろんありません。


佐々木先生のカウンセリングでは、話を聞くだけでなく、トラウマの解除、食事・飲料のアドバイスなどいろんなことに及んで診療していただきました。

 

佐々木先生に当時の私は、「脳が過活動」していると言われました。この表現は、まさに的を射ているなと思いました。当時の私の行動ぶりは、まさに「脳が過活動」した結果なのです。先生のお話は、いろんな例えを交えながら説明してくださるので、とても分かりやすかったです。

 

当時、日常的に会社でコーヒーをかなり飲んでいたのですが、私の「脳が過活動」した状況は、コーヒーのカフェインも影響している可能性が高いことを佐々木先生に伺い、カフェインの摂取を一切絶ちました。

 

数ヶ月後、これはかなり効果的であったことが分かりました。自分を追い込むことが減ったのと同時に、適度に力を抜くことを覚え、夜も良く眠れるようになったのです。

 

カウンセリングでは、過去のトラウマ、特に母の影響が大きいことも分かりました。つまり、それらが要因となって私の「脳の過活動」スイッチが入ってしまうのです。カウンセリングでそのトラウマの解除を重ねていきました。

 

カウンセリングの回数を増すごとに自分の心の中の変化が明確に感じられ、精神的に気持ちが軽くなっていきました。「脳の過活動」スイッチが入る回数が減っていき、同時に、前述の1~3の症状も改善していきました。そして、さらには周囲で起こる出来事について冷静に捉え、分析し、行動をすることができるようになったのです。

 

特に母に対して、今までは母の意見がいつも正しいと信じてしまい、自分にも自信がないことから、議論になると母に自分の意見が言えませんでした。診療を重ねた後は、母にも自分の意見を伝え、冷静に筋道だて母を説得することもできるようになりました。このことは、仕事上の人間関係においても応用でき、会社でのストレスが減ることにもつながりました。

 

カウンセリングを通じて学んだことの中から、精神的に楽な今の自分に主に寄与している考え方は以下だと感じております。

 

1.「自分を磨く」必要はなく、素の自分でよいのである。
2.他人が自分をどう評価するかは、どうでもよいのである。
3.複数の選択肢があるときに、どちらに転んでも良いと思える状態が
 心のバランスのとれた状態なのである。

 

これらを文字の上だけでなく、実際に習得するまでずいぶん時間がかかり(今でも苦心することはありますが)、これらのことが日常的な心のゆとりを生んでくれました。このゆとりのおかげで自分を楽しむ時間が増え、いい人と出会うきっかけにもつながりました。

 

現在は結婚し、つい最近、1児の母親となりました。今の私があるのはカウンセリングのおかげだと本当に感謝しております。私の体験を皆さんに還元できるよう、より多くの方々へぜひ佐々木先生のカウンセリングをお勧めしたいと思います。

感想33「本来の「私」に向かって」

仙台市在住 Tさん 

 

「まきび」の佐々木先生にお世話になり始めて約一年になります。
悩みや私なりに考えている事、苦しい感情、過去の出来事、気になる日常の些細な事まで様々な話を聞いて頂きました。

 

佐々木先生は話題のひとつひとつに共感したり、感嘆したり、興味を示してくださるので、勇気づけられて心置きなく話せます。話せば、その出来事や感情のなかにある良い面、問題点、

疑問が浮かび上がってきます。

 

すると先生は又それらのひとつひとつを丁寧に解き明かしてくださるのです。
解りやすく例えを用いたり、図式化しての説明に「なるほど〜!!」と納得し、毎回のカウンセリングを晴々した気分で終えることが出来ます。

 

お蔭で明らかに一年前の私とは違う、様変わりした「私」が今ここに居て驚いています。
以前の私は緊張が強く、胃は痛いし疲労感もあり、日常の最低限の家事をこなすのが精一杯という有様でした。

 

不安からか外面は良くて、人に気を遣い優等生的な振る舞いをしてしまいます。 心の中は私の気遣いを理解してくれない人達に対しての批判と怒りでいっぱいなのに、です。

 

又、それらの全てが私自身の不甲斐なさ、狭量さのせいだと苦しんでもいました。
ですが、それらは本来の「私」ではないことを先生から丁寧に繰り返し教えて頂きました。

 

現在の私は解放されて自由になってきていることを実感しています。不安も感じず気持ちが楽に なり、胃の痛みもすっかり消えました。本来の「私」に近づきつつある現在の「私」に喜びを感じる「私」がいます。

 

誰か他の人に承認される必要はなく、「私」だけで成り立つ喜びは素晴らしいです。
佐々木先生も私の変化を共に喜んでくださっている感じが伝わってくるので、それも嬉しく、心強く、励まされます。

 

佐々木先生の才能と情熱、温かさに心から感謝しています。
これからも宜しくお願い致します。

感想32「同じパターンの繰り返しからの脱出!」

仙台市在住 S・Tさん 

 

仕事や家庭などでトラブルや失敗が続き、いつも同じパターンを繰り返してしいたことから

佐々木さんに相談。カウンセリングを受けてみることにしました。

 

カウンセリングを進めていく中でどうしてその状況や考え、行動になってしまうのかという原因を理解していくことができました。

 

問題は人それぞれであると思いますが、私は「原因がわかるから余裕をもって物事に向き合える」→「うまくやれる」→「うまくやれるからいつもと違う行動パターンにチャレンジできる」の自分なりのサイクルをカウンセリングから気づくことができました。

 

カウンセリングを通して自身の対処能力が上がることで、生活や人間関係がよい方向に変わっていく実感を得ました。このことにはとても感謝しています。

 

カウンセリングというと正直なところ、どのように良くなるのかわからないというところが私の最初の印象でした。しかし上記の変化を実感するようになってから今はカウンセリングを自分への投資であると考えて受けています。

 

いつ終わるかわからない悶々とした重みやうまくいかない環境やパターンを一人で抱え続けるより、それなりの期間や費用はかかるかもしれないけれども誰かの助けを得て解決していくことは自分がどうなっていきたいのかを考えていくうえでとても意味のあることだと思います。

感想31「不安の塊だった私が、自己卑下せずに堂々といられる!」

仙台市在住 Nさん 

 

だいぶ遅くなってしまいましたが、約5年間カウンセリングありがとうございました。
初めてカウンセリングに行ったときは自分に自信が持てず、常に不安の塊で、ずっと何か見えないものに怯えて生きていかなくてはならないのかなぁと思ってました。

 

通い始めてしばらくたっても訳のわからない不安に襲われたりして仕事もうまくいかないという負のスパイラルにはまってしまって、「果たして解放されるのか」と思っていた時期もありましたが、諦めずに治療を続けて良かったです。

 

先生とは歳が近いので、雑談するのが楽しみで通ってたというのもあります(笑)。お陰様で彼氏もでき、結婚もできましたし、何より自己卑下せず、堂々といられるようになったのが大きいです。本当に感謝です。

 

実は、先日妊娠したという話をしましたが、今日心拍の確認をしに行ったところ、どうやら流産の可能性が高いとのことで、今週中に手術することになりました。本当はここで「順調に育ってます」とお伝えしたかったのですが…残念です。でも妊娠初期の流産はよくあることだと聞いていたので、少しは気が抜けましたが、ものすごく落ち着いています。

 

問題は妊娠初期で就職活動ができないってなってから、激しい運動もできないし、寒いのもあり、最低限の家事以外はボーっとして家でかなり時間を無駄にダラダラと過ごしてしまったので、ここから脱してまた就職活動するまでに気持ちを持って行くのが結構大変そうです(汗)。

 

今は気持ちも落ち着いているし、生活リズムや睡眠時間も仕事を辞めたことでうまくとれているので、あとはこのグータラ生活から何か活路を見出すのが課題です。 

 

どうしても気持ちが落ち着かない状況になったらまた先生のところに伺うかもしれませんが、その時は宜しくお願いします。

 

長くなってしまいましたが、最後に、本当に今までありがとうございました!

感想30「対人恐怖、自己卑下を感じなくなった!」

仙台市在住 Kさん 

 

佐々木先生との出会いから私の心の解放は始まりました。

 

今、当時を振り返ってみますと、私は、不安・心細さ・自己卑下等が強く、人と接することが怖くて、玄関ドアから外に出ることも大変な状態でした。

 

最初のカウンセリングの時、心に深くはいってきたことがあります。
一つは、「本の弊害を教えていただいたこと」、その頃、私は“トラウマ”が原因と思いこみ、いろいろな本に答えを求めていました。
そして二つ目は「“まじめ・理想・ちゃんと”禁止」との先生の言葉。私の縛りを解いてくれた魔法の言葉です。この二つが、私にはとても良く効きました。心がホッとして、すごーく軽くなりました。

 

その後も、私が疑問に思うことなど、先生から丁寧に教えていただき、私にとってうれしい変化がありました。人と接することが怖くなくなってきました。不安が出てもそこから抜けるのが早くなってきました。前はいつも緊張して委縮していたのですが、大分取れてきています。

少しずつですが、自己主張ができるようになってきました。“ひとりでも大丈夫”と思えるようになってきました。今は「“私は私”でいい」という感覚が少しずつ私の中で育ってきていて、心が随分、楽になってきました。

 

あの日、勇気を振り絞って行って、本当によかったと思います。
徐々に苦しみの日々から解放されてきています。

 

先生、本当にありがとうございます。おかげさまでここまでこれました。
これから先もどのような変化が待っているのか・・・とても楽しみです。

 

先生、これからもどうぞよろしくお願いします。

感想29「しなくてはいけないことなんて本当はなかった!」

仙台市在住 Sさん 

 

昔から思い込みが強く、色々な考えや決まりに囚われて、辛い思いをするように生きてきた気がします。家族の仲が悪いのは自分のせいだと思い込み、自分が努力すれば「理想の家族」になれると信じていました。

 

青春時代、恋やおしゃれを封印してまで、家族のため・・・と、人生の時間をささげ続けてきた気がします。父が家が汚いと怒鳴れば、掃除をし、飯がまずいと怒鳴れば、料理しました。

長い長い間、母と父の間に立って、「良い子」で居続けたのです。

 

「早く離婚すればいい」「こんな家はもう嫌だ」そう思っていたけれど家族はもちろん、誰にも話すことはできず、しかし出口を失った心の声は、漫画へと姿を変えて私の中からあふれ出していきました。

 

私は怒鳴る替わりにペンを持ち、親への不満を白い紙にぶつけ続けました。
沢山の作品が出来ましたが、そのストーリーは・・・「主人公は家族以外の人の助力で確執のあった親と和解し、自分の問題を乗り越える」というものです。そのストーリーこそ、私が思い描いた生き方そのものだったのかもしれない、と今は思います。

 

結婚し親から離れた私は、ようやくカウンセリングに辿り着きました。生まれ育った家で過ごしたことがいつも頭の中にあり、新しい家族と気楽に過ごせませんでした。

 

カウンセリングに行きはじめたものの、最初はこわごわという感じで、途中で何度もやめそうになりました。色々なことが頭を巡りました。自分のことを話すのは怖い、先生は信じられないんじゃないか、家族は私が良くなっていくのを望んではいない・・・等。

 

それでもなんとか通うのを辞めなかったのは、「クライアントさんが理解したいと思うなら、僕は手伝います」とおっしゃってくれた先生の一言からでした。

 

カウンセリングを続けるうち、少しずつ私は変わりました。家族に自分の意見が言えるようになりました。あせったりひどく落ち込むことが少なくなりました。こどもが育っていくのをゆったりした気持ちで見ていられるようになりました。

 

実家のこともあまり気にしなくなりました。子育てにおいても仕事においても、「私が一人でなんとかしなくちゃ」という気負いが常に心のどこかにあって、安心することができず、人からの頼まれごとも上手く断れないでいました。

 

私が「しなくてはいけないこと」なんて本当は無かったのに。これからできたらいいなと思うことは「自分を愛する」ことです。おしゃれに手をかけること、楽しく暮らすこと。そして読んだ人の心がホッと気楽になるような、ゆる~い作品を作れたらいいな。

それが今一番したいことです。

 

先生、ここまでお付き合いくださり、どうもありがとうございました。

感想28「状況が同じでもとらえ方が変われば、楽になる!」

福島県在住 Sさん 

 

あれから、調子がよくなりました!絶好調な感じです☆

 

カウンセリングの後、疲れてぐっすり寝て、私の場合長いかもしれませんが、一週間くらいポーッとしてて(笑)頭がからっぽでネガティブな考えがうかんでこなくなりました。

 

仕事は効率よくこなして、上司の機嫌もよく、久しぶりに雑談で心から笑ったりできました。
その後は頭がすっきりして、常にぐるぐる考えてしまい、人になにか言われるとグラグラすることが全くなくなってしまい…、なぜ?と、あっけにとられています。(゜∀゜;)

 

寝起きも、スッキリといった感じで無駄に緊張しなくなりました。嫌なことがあってたまに落ち込みますが、次の日やそれ以上まで引きずることがなくなりました。

 

○○くんのことは、寂しい気持ちがふっ切れちゃいました☆(笑)受けいれて、心の中のおさまるべきところにおさまった感じです。まぁ、しょうがないか~と思います。送別会が決まり、会社の人と色紙を書いたりしていい思い出になりそうです☆

 

また、弟や家族については、最近いいたいことが言えるようになりました。前は喧嘩になるのが怖かったけど、すこしぶつかっても、きちんと私はこう思ってるって伝えようとすると、少しはわかってもらえるような感触がありました。

 

仕事も家族も恋愛も、状況は全く変わっていないし、自分の思い通りにはならないし、嫌なこともあったりしますが、とらえかたが変わって切りかえができたようで、すごい楽になったような気がしますV(^-^)V

 

最近は、気持ちが前向きで、なにかスポーツをしたいと考えていて、社会人のサークルに入ろうと思ってます。出会いもあるかもとワクワクしてます(笑)

 

カウンセリングでは泣きっぱなしで鼻水は垂れるし(笑)ご迷惑をかけましたが、当分は自分の力でがんばれそうな気がします!

ただ、またなにかあってどうしようもない時、お力を借りると思いますが、その際はよろしくお願いしますm(_ _)m

 

本当にありがとうございました☆

感想27「苦手と向き合い、自己実現へ」

仙台市在住 Kさん

 

私にとってカウンセリングは、これからの自分の方向性を確認する場です。定期的にお話することで、自分のやるべきことややりたいことを明確にし、日々の生活に活かしています。

 

カウンセリングを受けるようになり、それまで知らずにいた自分と向き合うようになりました。ずっと逃げていた自分と向き合い、それを受け入れることは私にはとても苦痛でした。

 

しかし、そうしないと自分が変われないと気づきました。それからは、少しずつではありますが、自分が苦手で避けていたことに取り組むようにしています。周囲の人たちからのアドバイスも、耳を傾けるよう努力しています。

 

そのおかげで、自分の狭かった世界がどんどん広がりました。今までやらなかっただけで、私にはやれることがたくさんあるんだな、と感じています。

 

現在はカウンセリングで近況報告をしたり、夢の実現に向けて相談をしています。辛いこともありますが、充実した毎日を過ごしており、カウンセリングで自分と向き合ってよかったと心から思います。

 

これからも自分の周りの人たちを大切にしながらカウンセリングを利用して成長していきます。今後もよろしくお願いします。

感想26「職場のストレスを「自分を変える」ことで乗り切る」

仙台市在住 Aさん 

 

私が佐々木先生に初めてお会いしたのは2010年9月頃でした。その頃の私はストレスがたまっていたのです。

 

それまで勤めていた会社を経営状況悪化によりリストラされて「どうしよう」という気持ちだったからです。私は少し人見知りする為、不安と戸惑いを少なからず感じていました。

 

でもそんな気持ちも少しずつ解消されました。「話やすそうな人柄」という印象で安心して自分が思っている事を話しました。全く気持ちに余裕がなかった私は「何でこうなったのか」「どうしたら良いのか」「何で昔からもっと真剣に勉強しなかったのか」など…。

 

そんな時に先生に言われたのが「考え方・視野を広げる」でした。それまで私は自分の事しか考えられなかったけれど、よく考えれば「この不況の時代に倒産・リストラは私だけじゃないし、すぐに仕事が見つかる事自体がラッキーなのかも」と思い、楽になって今後をどうしようか考えながら職探しをしていたら1ヶ月位で今の仕事が見つかりました。

 

しかし今度は人間関係にすごく悩みました。その上慣れない仕事を覚えなきゃいけないという気持ち。今まで感じたことのない酷いストレスになり、毎朝吐き気を感じ、「会社に行きたくない・休みたい・辞めたい」の気持ちが強く、会社に行くのもかなり億劫でした。

 

月に2、3回はストレスが原因で体調不良で休む事もあったほどです。先生にも相談し、週に2、3回は母にも電話していました。本当に新しい仕事を見つけて辞めようと思い、職安にも通っていました。

 

更に前の会社で一緒だった人も私と同じ会社に入ったのですが、その人も同様に悩み、辞めてしまったのです。唯一会社の中で悩みを打ち明けられる人だったので、かなり精神的ショックを受けてストレスがたまって…。

 

そんな時も先生からは一貫して「考え方・視野を広げる」を言われました。

 

あともう一つ「自分を変える」です。「相手を変える事は出来ないけれど努力次第で自分を変えられる」と。

 

先生に教わったことは色々ですが、主に「考え方・視野を広げる」と「自分を変える」です。

 

前者は一つの物事を箪笥に例えると、その中に色々な引き出し(考え方)があるって事なんだと。

後者は自分が変われば結果次第では相手も変わる場合があるって事なんだなぁと自分では思えるようになりました。

 

今の会社に入って10月末で3年目になり、今だに馴染めない部分はありますが、先生の沢山のアドバイスのお陰で何とか続いています。

 

先生にも「相談に来たばかりの頃と現在では表情や話し方が全然違う」と言われました(笑)私は全然無意識だったのですが、その当時は表情はかなりきつくて話す時のスピードも速かったみたいです。

 

全ては先生のお陰です。ありがとうございます。今後も宜しくお願いします。

感想25「生きるのが楽になった!」

宮城県在住 Mさん

 

(感想の前に私の今までを書かせてください)

受験勉強がうまくいかずに、家に引きこもる日々。さらに自信をなくし、死ぬことを考えてた。これが鬱の始まりで、一年以上引きこもった。

 

焦る日々。どうにかしなきゃと思っているうちに、躁状態になってしまい、親のお金などを勝手に遣って、県外に行ってしまい騒動に。

 

警察に保護され、父が迎えに来て、そのまま家に帰るかと思ったら、精神(病院)の閉鎖病棟の隔離室に入れられてしまった。意味が分からず、大声で騒ぎ、暴れた。注射も打たれ、強制的に眠らされた。

 

この時、躁鬱病と診断される。薬のせいで体が思うように動かない。退院出来たかと思えば、妄想や幻聴がひどくなり入退院を繰り返す。そのうち、統合失調症と診断される。

 

実家に何とか戻れたが、体が動かず薬の副作用に悩まされる。カウンセリングと言うものを知り、やってみたくなる。(仙台に)引っ越してきてから、カウンセリングをスタートさせた。

 

最初は何を話したらいいのか分からずに、愚痴ばかり話していたような気がする。そのうち、自分の問題点が見えてきて、カウンセリングで涙する。

 

仕事をしなきゃと、バイトを始める。いつもなら、すぐに嫌になるのに、続いた。

 

普通免許を持ってなかったので、取りに行く。周りからは、精神障害者に見えないと言われるまでに変化した。

 

ヘルパー二級の資格も取れ、今では三年半以上続いている。

 

凄く嫌になることもあるが、カウンセリングによって、クリアーにしていった。花粉症や頭痛に悩まされていたのも、今は無くなった。考え方がちょっと変わるだけで生きるのが楽になった。

 

カウンセリングに出会い、人生のやり直しが出来たことに感謝したい。

これからも自己成長出来るように、マイペースでいきたいと思う。

感想24「統合失調症からの普通の生活へ」

仙台市在住 Hさん

 

2001年頃、統合失調症と診断されました。

それ以来、幾つかの病院を転々としてきましたが特に状態は変わりませんでした。

 

そんなある日、知人より「カウンセリングルームまきび」を紹介されました。

 

それまで、カウンセリングと言うものを受けたことがなかったのですが、今までと同じことをしていても埒があかないと考え、思い切って飛び込んでみました。

 

この挑戦は当たりました。そこで言われたうちのひとつに家族の問題がありました。
私が統合失調症苦しんでいた原因のひとつは家族の常識と世間の常識が大きくかけ離れており、その中で育ったため世の中に対処できなくなったということでした。

 

とても説得力を感じた私はここに通い始めるようになりました。ねじれた価値観を修正し、世間と言うものを知り、食事、運動で体を整えました。体調を良くすると精神的にも安定してきます。

 

その中で、私はどれだけ世間の常識を知らなかったのか痛感させられました。さらに驚いたことに私はそれまで一日一食か二食しか食事をしていませんでした。それが体力面だけでなく精神面も不安定にさせられていました。それが当たり前になっていたのです。

 

そして、ある程度落ち着いたところで、NPOの協力を得て、一人暮らしを始めました。
このことの効果はあらゆる所にてきめんに現れました。精神的にゆとりが出て、24時間365日緊張していたのがリラックスできるようになりました。

 

親の目を気にして行きたくても行けなかった札幌の旅行にも行くことが出来ました。精神的にゆとりが出るとファッションにも目が向くようになり、以前の自分のファッションを考えると寒気がします。

 

もちろん、食事も3食とっています。

 

今の課題は人に慣れることです。私は激しいDVを受けて育ったため、職場に家族に似た人が圧力をかけてくると全身から汗が噴き出し頭が真っ白になり、仕事がうまくいかず結局辞めてしまうということを繰り返していました。

 

しかし、カウンセリングを受ける毎にそういう人間が世間的にどのようにみられている人間なのか分かってきました。

 

私に問題があるのではなくその人の問題だと言うことが分かってきました。その理解をもう少し深くしてこれならいけると思えた辺りでアルバイトなり就職なりに挑戦しようと思っています。

感想23「緩やかに楽になった!」

宮城県在住 Nさん

 

完全に元気という確信もてるほど、まだそこまでは自分自身回復してるのかは自信ないのですが(^^;)、カウンセリングを受ける前と受けさせていただいたあとでは全然、精神的には落ち着いているのは確実です。

 

仕事は今のまま、続けることにしたのですが、転勤させてもらうことになりました。

 

新しい配属先が決まったので環境の変化などでまた精神的に不安定になるような気もしますが、あれから体の不調はほとんど感じなくなったように思います。

 

実際カウンセリングを受けてみての私の感想は、劇的な効果というより、緩やかな効果で、そういえばあまり緊張しなくなったとかだるさが抜けた感じがする、などです。

 

体の方は元気になりつつあるんですが、新しい配属先への不安はあります。

 

そんなこんなでまた新しい環境にさらされて、また行きづまるかもしれませんが、その時にはまたお世話になりに来ようかなと思っています。

感想22「無理をしないで力を抜ける!」

福島県在住 Tさん

 

ご心配おかけしてすみません…!先生には悪いのですが、あまりに調子がいいので、カウンセリングを受けたことを忘れかけてて…(>_<)恩知らずですみませんm(_ _)m

 

ただ、メールを頂いて、自分を見つめなおして、私は一人では立ち直れなかったんだと改めて思いました。

 

最初のカウンセリングでは自分でも意識していなかったいろんな問題でぐちゃぐちゃになり辛くて、正直悪くなった!と思ってしまいました。(批判的でごめんなさい)

 

でも、次のカウンセリングでは悪いものが流れて消えちゃったんです。それからは体の調子がものすごくよくなって、肩コリや冷え症まで改善しました!嘘みたいですが本当です!

 

あと、なにかあったら先生を頼れる!と思えるとさらに心に余裕ができて、安定して、カウンセリングは最初はかなり不安でしたが受けてよかったと思ってます☆

 

最後に、こんな感想でよければぜひ載せて下さい(^-^)

 

もうムリはしないことにして、力抜いて楽しんでいきます☆
ありがとうございました(^O^)

感想21「人は現実を軽視し、仮想を重視する」

仙台市在住 焼き芋さん

 

人が生きるというのは朝起きて、顔を洗い、歯を磨き、食事をして、職場・学校に行き、家事を行い、遊び、また帰って、食事をして、風呂に入り、寝る。これが生きるという「現実」だ。

 

しかし、世間で評価されるのは「現実」とは関係ないものに、「仮想」にほとんどの価値を置いている。オリンピックに出る。学歴を得る。有名になる。どれも、できなくても生きていくのに不自由しない。

 

この「仮想」は主に仕事・学校に重点を置かれている。本来人間も一匹の動物で、仕事といえば寝床・食料を確保し、安全に生活することだ。つまり、現在の仕事(お金を手に入れる)はそれを得る代わりである。わざわざ、木の実を取るのに棒高跳びをする必要もないし、獣を捕まえるために、母国語以外の言葉を学び、微分積分を使う必要はない。それが出来た人が出来ない人より価値があるというわけではない。

 

本当に価値のあることは多くの人が出来ているのだ。しかし、なかなかそう考える人間はいない。「仮想」にものすごい価値をおき、それが幸せを手に入れるための免罪符になると、考えている人間も少なくない。

 

世界中の問題のほとんどはその「仮想」のせいで起きている。

 

私も、その中の一人でした。良い大学に入って、ノーベル賞を取って、有名人と結婚する(美人)。今考えると、すごく恥ずかしいのですが、そんなことを真剣に考えていました。

 

しかし、「ここ」にきて気づきました。それらは自分が経験して幸せだと感じ、欲しいと思ったのではなく世間の言いなりになっていたのです。それらを得れば幸せだと勝手に考えていました。実際、私は大学に合格しても疲れただけで、嬉しくともなんのともありませんでした。

 

仕事はあまり負担にならないことをやればよかったし、お金もそんなにほしくありませんでした。

 

高級料理より「干し芋」が好きだし、人を蹴落とすより、人に喜んでもらえることの方が好きでした。

 

「ここ」に通うようになって、そういう本来の自分が分かってきました。それに伴い、自分がどのように生きればよいのか、分かってきたような気がしました。

感想20「対人恐怖、人との関係、そして生きるのがラクになった」

仙台市 Rさん

 

私は人と関わることがとても苦手でした。その理由の1つは人が怖いからです。他人の言動に敏感に反応し、いつも緊張していました。

 

人前では頭が真っ白になって、会話をする際にも思考がまとまらなくなったり、話の内容を突然忘れてしまうこともありました。

 

ときには、パニック状態になることもあり、買い物でわずかな時間、店員とコミュニケーションをとることすらも苦痛で1秒でも早くその場を離れたいと思うほどの対人恐怖症でした。

 

そして、人と長い時間接してから家に帰ってくると、過度のストレスでヘトヘトの状態になっていました。疲れやすいだけでなく、それが原因で睡眠をはじめ、日常生活にも多々支障が出ていました。

 

また、その一方で、孤独も強く感じていました。その理由は対人恐怖症のせいだけではなく、人間関係が不安定で、関係をうまく築けないからでした。

 

例えば、ふとしたことがきっかけで、自分は嫌われているのだと、自分を否定的に捉えて責めることがありました。また、逆に、私の他人へ対する評価が変わりやすく相手に腹を立ててしまうこともよくありました。

 

そして、これらの思いや感情に振り回されて、人間不信に陥ってばかりいたのです。その結果、人間関係が壊れてばかりで長続きせず、どんどん独りぼっちになっていきました。

 

人の中にいると非常に疲れてしまう。でも、独りぼっちでいるのもとても辛い。
私は長年に積もった心の傷で身動きがすっかり取れなくなっていたのです。

 

自分の心を機械に例えるならば、許容量が超え、パンク状態になっていました。オーバーヒートしているようでもあり、私はとにかくいっぱいいっぱいの状態で泣きたい気持ちでした。

どちらの状況にいてもストレスでうつ状態になり、その辛さを紛らわそうとして、過食や浪費に依存してしまうという悪循環にすっかりハマり込んでいました。

 

精神科でもらった薬を飲んでいても人が怖かったし、人とうまく関係を築けそうな気配もない。「自分や周りの人を傷つけるのを辞めたい」。そんな悪循環から何とか抜け出したいと強く思い私のカウンセリングがスタートしました。

 

スタートしてからの私とまきびさんの関係についても例外ではなく、うまくいきませんでした。うまくいかなかったというよりも私が心を開くことができないでいたという方が正しいかもしれません。

 

まきびさんはいつも懸命に様々なアプローチで私に向き合ってくれていました。カウンセリングでのアドヴァイスを受け入れられず、どうしてまきびさんは私を責めるのだろうかと落ち込んだり、言われたことに腹を立てて、まきびさんが間違っていると不満をぶつけることもありました。

 

ときには信じられなくなったこともありました。

 

でも、カウンセリングで自分が思ったことや感じたことをきちんと伝えてみると、私が誤解や曲解して、被害妄想的になっていたことが分かりました。その背後には私に偏った「思い込み」や「思い癖」があることをまきびさんに教えてもらいました。

 

現実を否定的に取ったり、自分勝手に曲解してしまう思考パターンが長年、私を苦しめていたのです。

 

そして、自分の都合に合わせて早くよくなりたい。
順序があるのにも関わらず、自分が進めたいと思っていた方向によくなっていきたいなど「思い通り」にならないと気が済まない、自分のわがままな面や傲慢な面についても教えてもらいました。

 

自分の弱さや至らない点に目を向けることができずに、思い通りにいかないと誰かのせいにして不満を言う。自分の問題に向き合えず、不満ばかりで偉そうな私は「お客様」でした。

 

うまくいかないのは、まきびさんのせいではなく私自身にある問題が原因でした。

当たり前のことのようですが、カウンセラーであるまきびさんが何とかしてくれるわけではありませんでした。

 

誰かや何かのせいにして、自分を「被害者」に仕立て上げて不平不満を言っても状況は変わらず、悪循環を繰り返すだけでした。自分の弱い点や至らない点など、自分の見たくない部分を直視する作業は、辛く苦しく感じられました。

 

でも、自分にも原因や責任があることを少しずつ認められるようになってからはむしろ、身動きが取れるようになって、自由になったように感じています。

 

自分を変えて行くのは私自身でした。

自分の悪いところや困っている状態から抜け出すには「被害者」や「お客様」でいるのではなく、自分の足で歩くことがとても大事なことだと学びました。

 

自分の足で歩くようになってからは、進まなかったカウンセリングが進むようになり、新しい出発点に立てたように思います。

 

それから、対人恐怖症の問題についてもいくつかの心理療法を行ってもらうようになり、解決していきました。そして、あんなに人が怖かったり、関係を築けなかった私が変わってきたのです。あんなにまきびさんを困らせたり、がっかりさせた私がです。

 

変わってきた私は、周りの人から顔の表情がよくなったとよく言われます。きっと、人とうまく関わることが出来るようになっただけでなく、自由に生きることが出来るようになったからだと思います。

 

あんなに悪循環を繰り返していた私でも、まきびさんのおかげで乗り越えて「自己成長」することができました。自分が成長するのを感じることができて、うれしいと実感しています。

 

これからも自分と向き合い、変わっていきたいです。

感想19「20歳のときに躁鬱病という診断を受けました 後に統合失調症に」

仙台市 M.Kさん

 

当日の状態は異常行動をし、変な自信がでてきて自分は偉いんだと思うように。あまりにも暴れるので閉鎖病棟に入れられました。注射を射たれ、無理やり眠らされました。

 

薬はかなり強く、もうろうとする日々が続きました。薬を飲むからには副作用が付きまとい、まともに歩けなくなる時もありました。閉鎖病棟の隔離室は牢屋よりも酷かったと思います。

 

不安を掻き立てられ、泣きじゃくる。周りは狂ってると言ってくる。平常心を保つのは無理な世界でした。

 

ようやく自宅療養になったと思えば、また状態が悪くなり閉鎖病棟へ送られるのが何度も。死ぬことまで考えるほど、生きてるのが嫌になりました。ドクターには何種類もの薬を渡されました。

 

でも、薬では考え方を変える力はないと気付き、むしろ薬により健康を失われていく事を身を持って感じていました。

 

4年前に知人からカウンセリングを薦められ、まきびさんを知りました。もう回復する手段もなかったのでやることに決めました。

 

初めは何を話したらいいのか戸惑ったが、自分が思うことをべらべらしゃべりまくっていました。たいていなら聞きたくないような話だから、嫌がられるのにまきびさんは丁寧に話を聞いてくれました。

 

不思議に涙が出てくる状態に。自分を理解してくれる人が居ると言う喜びを感じたのかもしれません。

 

そして、カウンセリングをしているうちに自分の思い込みにより逃げている事に気付きました。自分では、頭がいい成績がいいと考えていたが、そうではなかった。

 

真実を知るとは怖いことですが、知らないがために自分を苦しめる根底がそこにありました。自分は逃げてたんだ、それを気付かされた時、自分を認めてあげると言う事ができました。出来ないのは悪い事ではないと。そして、社会復帰をしようと考えるように。

 

問題がかなりあったので、何度も挫折をしました。社会復帰を諦めようかと考えることもありましたが、カウンセリングは続けていました。なんとなく、自分自身を知ることは大事なのではないかと思うようになったからです。

 

すでに考え方が変わっていったのを気付くのには時間が経ってからでしたが。人の目や態度を気にし、八方美人になっていた自分。弱かった自分と向き合い認めていくうちに、社会に対する不安も少なくなり、自分にも少しの自信が出てきました。そして、自然と今の仕事にたどり着くことが出来ました。

 

やり抜くことは大切です。ただ、自分の思い込みによりさまざまな問題を作り出し、自分を苦しめている事に気付かないと、どこかで挫折することに。

 

私はまきびさんのカウンセリングにより、自分を知ることが出来ました。これから、さまざまな困難が待ち構えてるかもしれませんが、自分を信じて、思い込みを解消し、毎日の生活をより良いものにしていきたいです。

 

まきびさん、有難うございました。これからも成長のために、宜しくお願いします。

感想18「努力することの罠」

仙台市 Y.Sさん

 

私は、努力家でした。いつも理想を掲げ、それに向かって必死に努力する。自分だけでなく、家族に対しても,私の理想どおりに変われと努力を強いる。それが、私の50年間の生き方の習慣だったのです。

 

その必死の努力の結果、私は理想どおりの満足や幸福を手にしたのでしょうか?

 

残念ながら、それは叶いませんでした。得たものは、心身共に消耗しきって、不眠と鬱に悩む自分と、私の無謀な努力に巻き込まれ、混乱し、心に傷を負ってしまった二人の子ども、そういう三人の家族を一人で背負う苦労を持たされてしまった夫なのです。

 

私のしてきた努力とは、あるがままの自分や家族を見ることを拒否し、そうでない何かになろうともがいていただけのことなのです。なんと不毛で罪深い努力だったのでしょう。

 

私は、努力することにより、あるがままの自分をいつも欺いてきたのです。家族を否定し、苦しみと混乱を与えてきたのです。私はもう、そういう意味での努力はしません。貪欲に理想を追い求めることもしません。ただただ、日々変わっていくあるがままの私、あるがままの子どもたちを注意深く見つめ続けるのです。

 

それは、簡単そうで、実はとても難しいこと。
でも、私は、それをしていくのです。これからずっと。私の持った運命。

 

その中で起こること、やってくることをただ静かに受け止めるのです。

与えられるものを,素直にいただくのです。それだけでいい。それしかないのです。

 

行き迷う二人の子どもは、私にとって辛い現実を突きつけてくるかもしれません。

でも、それでも私は、見続けるのです。生ある限り、そうやって生き続けるのです。

 

高いお金を出して、ようやく手に入れたマイホーム。そのあちこちに、息子は傷をつけ、穴をあけました。以前の私なら、耐え切れず、すぐに修理を依頼していたでしょう。

 

でも、今の私は、その傷も穴も、そのままにしておこうと思うのです。そうやって、家や私を傷つけなければ、今を生きることができない息子の心の痛み。彼の心の辛さがつけた傷。その傷や穴をそっとなでてあげたいのです。

 

19歳にもなった息子を直接なでることは、もうできない。だから、せめて,彼のつけた傷をなでるのです。

 

私は、自分の欲と理想に駆られ、台風の目のように、周りを巻き込んで、暴れまわった50年の人生の末に、ようやく、過ちに気づき、新しい人生を歩み始めようとしています。

 

鬱と身に起こる不幸を嘆いて、佐々木先生のもとに通い始めて7ヶ月。鬱はいつの間にか消え、私が至った新しいスタート地点なのです。

 

今、私の心は,何にも縛られず、やわらかく、開かれて、流れています。私に残された人生は、今まで生きた分より短いことは確かでしょう。

 

でも、私は、これまでと違う生き方で、これからを生きることを楽しみにしています。つい、3ヶ月前、私は、一刻も早く、この辛い人生を終わらせようとしていました。その私が、今は、その時とはそれほど大きくは変わらない現実の中で、生きる喜びをしみじみと味わっています。

 

7ヶ月前、自分の思い通りにいかない人生を嘆いていた私が、その人生に満足しているのです。私をこんなに変えてしまった佐々木先生という人は、なんてすごい人なのでしょう。

 

私の友人の中に、カウンセリングは、自分で自分の心を整理できない、ダメ人間が受けるものという偏見を持っている人がいます。でも、それは、違うと私は思います。

 

自分の人生に何を求めるか、どう生きるかを真剣に考える時に受けるものだと思います。

 

心に悩みを持つ人たちの、一人でも多くが,カウンセリングへの偏見を捨て心救われますように。

 

どんな境遇の人の心にも、幸せが湧いてくることを一人でも多くの人が実感できますように。

 

佐々木先生の非凡なる力が、より多くの人の心をすくいますように。そう願っています。

 

感謝

感想17「一人では解けない」

静岡県 K.Mさん

 

まきびさんのカウンセリングはいつも自分が大変な時に受けます。受けると必ず自分の中に変化があり楽になれます。

 

周りにも相談に乗ってくれる人はいますが、本当に大変な時はまきびさんに相談しています。何故か?知り合いや友人に相談するとよくこんな事がありませんか?

 

・自分でも良く分かっているけど、できない事をアドバイスされる。

・相談相手が自分の状況をよく理解していないので、アドバイスがズレる。

・相談相手自身の過去の解決方法をアドバイスされるが自分にはまったく合わない。

・過剰に心配され、かえって落ち込む。

・相談相手も解決策が浮かばず、イライラし始める。

・相談相手まで落ち込んでしまい逆に気を使う。

・相談相手のアドバイスを不安ながら実行したら失敗した。

・やたらに批判される。

 

もちろん相談相手は本当に私の事を心配してくれているのですが、やはりまきびさんが1番です。何故か?

 

・説明が足りなくても、私以上に私の事をよく理解してくれる。

・納得できるまで相談にのってくれる。

・私特有の物事の理解の仕方を気付かせ、受け入れる作業も手伝ってくれる。

・的確なアドバイスをしてくれる。

・思いもしないアドバイスを受ける事があるが、自分にフィットしていて実効すると楽になる。

 

以上の点から私はまきびさんに相談します。特に私特有の物事の理解の仕方に気付くのは簡単そうで難しく、受け入れるのはもっと大変だったりします。人間の心は複雑で自分のネガティブな面は見たくないので、それを見ようとすると見たくない自分が抵抗します。

 

また、頭では理解できても体が理解していない場合も多くあります。例えば大勢の前でスピーチをする時リラックスした方がいいのは分かっているのに緊張してしまったり、虐待を受けた母親が、虐待はいけないと分かっているのに子どもを虐待してしまう等様々あります。

 

私の場合はお腹や胸に嫌な感じが出ます。まきびさんはそれについて理解が豊富で根気よく解きほぐしてくれます。ネガティブな面はいったん受け入れてしまえば、それで終わりで、それ以上その事で悩まされることはありません。

 

・私の場合は上司から批判される事
・仕事をクビになる事
・自分の欠点を認める事への恐怖でした。

 

カウンセリングを受けた後では、上司との関係もよくなり、注意されても落ち込む事無く、指摘された点を自然に直す事ができるようになりました。正直一人でこの状態に到達する事はできなかったと思います。

 

当座を乗りきる事はできても、上司との関係は悪化した可能性は高いし、自分と他人への信頼感はさらに減ったでしょう。

 

カウンセリングは問題を解決して、-が0になるだけではありません。 +になり自己成長があります。だから私はカウンセリングを受け続けているんだと思います。

 

まきびさん、いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

感想16「自分がどんな人かわかるきっかけになり、就職活動に役に立った!」

仙台市 S・Aさん

 

自分がどんな人かかわるきっかけになり、就職活動の役に立った!

 

いつもお世話になっています。

先月、カウンセリングをしていただいた、S・Aです。

 

カウンセリングでは、私という人間がどういうモノなのかわかりやすく図を書いてのお話をしていただき、すごく自分自身のことなのに、「なるほどなぁ」と歓心しました。

 

自分のことだけれども、わからないことがたくさんあって、就職活動をしながらも核心が突けずに毎日モヤモヤしていましたが、今は自分を知るためのきっかけを与えていただき、前に進むことができたように思います。

 

カウンセリングということも初めての経験で今までのイメージが覆されたことも驚きの1つです。

 

とても自然になんともない会話の中から自分の気持ちが引き出されていくことに、自分でも「あれ?こんなに普通に自分のこと話しすの初めて~」なんて考えながらあっという間に2時間ぐらいお話をさせていただいたように思います。

 

これからも、いろいろとお世話になります。よろしくお願いします。

感想15「私とまきびさんとの奮闘記」

宮城県 ゆりさん

 

私がカウンセリングルームに通い続けて一年になりました。

 

通い始めたきっかけはうつ病や過食症のため精神科に通院していたけれど、状態が好転しなかったからです。6年間通院し続け、薬も服用していました。しかし、悩みが解決されず、ちょっとしたことでも調子が悪くなることも多かったので、カウンセリングルームの門を叩きました。

 

カウンセリングでは長年苦しんでいた問題がいくつもあったのですが、それを自分のこととして捉えられず、他人事のように感じていたためか、なかなか進みませんでした。

 

カウンセリングが思うように進まない期間は不安やイライラを感じることもあったし、投げ出そうと思ったこともありました。辛い期間でした。

 

今となっては恐れ多いのですが、その間、カウンセリングが進まないのはまきびさんとあわないからではないかとか、まきびさんのせいではないかとも思っていました。

 

でも実際には自分の問題を自分の課題として捉えられず、まるで他人事のように感じていたからうまくいかなかったのだと気づきました。自分の課題として捉えられなかった理由は、

あることが原因で感情を抑え込んで生きるようになり、「感じること」がなかなかできなかったことと、自分の「弱さ」を受け入れることができずにいたからでした。

 

自分の感情がよく分からないこともあったし、自分の人生の主人公ではないようにも感じていました。さらに、どこにいても「弱さ」や「ネガティヴな感情」を抱えている自分を許せないで頑張り、疲れてしまう自分がいました。こんな弱い自分ではいけないとどうしても思ってしまいました。

 

また、他人の前でそれらを見せたら、嫌われてしまうのではないかとも思っていました。長い間そのような生き方をしてきたので、それらを辞めたくても、どうやって辞めたらいいのか分からないので困っていました。

 

しかし時間はかかりましたが、まきびさんから毎回いろいろな方法で、様々な方向からアプローチしてもらううちに感じることや弱さを受け入れることができるようになっていきました。

 

カウンセリングで話をしていると、自分ではなかなか気づけない点や、手の届きづらいところに焦点を当ててもらうことが多く、問題に気づいて変わっていくきっかけをいつも与えてもらっていたように思います。

 

教えてもらっていたことの消化には時間がかかりましたが、最初は関係ないように思っていていたことも無駄にはならなかったし、進まずにいた期間に教わっていたこともちゃんと下積みになっていて後で役に立っています。

 

生きづらさが解消され始めてから、いろんなことを心から楽しいと感じることが増えました。自分の人生を生きられるようになって、自分自身のことを始めさまざまなことに関心が向くようになってきたし、それにつれて生活もかなり変わってきたので嬉しいです。

 

途中であきらめずに粘り強くカウンセリングに通い続けて本当によかったです。同じところでいつも繰り返し苦しんでいたけど、そこから抜け出すことができました。

まきびさんに気づかせてもらえて本当によかったです。

 

ちなみに他のカウンセリング等を受けてみたこともありましたが、結局はまきびさんにお願いしています。なかなか進歩せずにいたのにもかかわらず、いつも温かく向き合って下さったまきびさんに心から感謝しています。

 

本当にありがとうございました。

今後もトラウマなどの問題についてもよろしくお願いします。

感想14「私のカウンセリング体験記」

仙台市 Yさん

 

うつがなかなか治らず困っていた私に、友人が「カウンセリングルームまきび」のホームページをプリントして送ってくれたのが8月初め。いくら薬を飲んでも安静にしていても1年以上治らなかった私は、藁をもつかむ思いで一回目のカウンセリングを受けることになりました。

 

8月末のことだったと思います。一回目、私は何を話したかよく覚えていません。その頃の私は、自分の人生があまりにうまくいかないことに悩み、自分で自分の人生を受け止めることができず幸せそうな友人や知人と比べては、妬んだり、落ち込んだりしていたのです。

 

先生に「現実は変えられないが、心のあり方を変えていくことで、幸せに生きることができるようになります。」と言われましたが、こんなつらい状況の自分が、本当にそんな心境になれるのか、その時は、到底無理なことのように思えました。

 

でも、私はなんとかして苦しい状況から救われたいと切に思っており、佐々木先生を信じてついていってみようと心に決め、12月上旬に「とりあえず,今日で一度終わりにしましょう。」と言われるまでの約4ヶ月弱,定期的にカウンセリングを受けてきました。

 

カウンセリングといっても,先生は結構ご自身の経験談も話されるし、冗談もおっしゃるし、時には大声で笑われるし、私は心にたまっている思いを安心して吐き出せるカウンセリングの日が楽しみになっていきました。

 

また、私は、せっかくカウンセリングを受けるのだから、今までの自分の人生や長い間心にためてきた苦しさや辛さをよく思い出し、しっかり向き合いたいと思い,布団に横になりながら、心に浮かんできたことやエピソードを、徒然なるままに便箋に書きとめ、カウンセリングルームのポストに届け、事前に読んでおいていただくという作業を続けました。

 

枚数は,時に7~8枚にも及びましたが,先生のすごいところは、私が言ったことも書いたことも、すべて頭にちゃんと入っていて覚えていて下さるということ。

 

他にもたくさんのクライアントさんを抱えているというのに。この人の頭の中は,いったいどうなっているんだろうと驚かされました。

 

そして,振り返ってみると、この「書く」という作業が、私にはとても有効だったと思います。初めのうちは,とにかく思いついたことをどんどん書きなぐるような感じだったのが、次第にしつくりくる言葉を選び選び、落ち着いた肯定的な文章がかけるようになっていったように思うのです。

 

もちろん、そうなっていく過程には、先生の適切なアドバイスがあったからなのですが。先生は、毎回、辛抱強く私の話を聞いてくださった後で、何かしら、「あっ,そうか。」と私に何かを気づかせてくれる言葉を投げかけて下さったように思います。

 

かくして、今の私は、8月末に先生がおっしゃった言葉どおり、「心のあり方ひとつで幸せに生きることができる。」ということを実感することができるようになりました。 カウンセリングを受ける前には、到底受け止められないと思っていた辛い現実も、今は平気です。その現実を受け止めて生きることが私の人生なら、流れにまかせ,それを生ききればいいだけです。

 

今の感覚を忘れなければ、これから起こる大概のことは、きっと受け止められると思います。そして、もし、どうしてもそれができないつらい日がきたとしても、私には「まきび」の佐々木先生という駆け込み寺があると思うと、とても心強いのです。

 

10代で拒食になり、長い間、神経症的症状に悩んできた私。産後はうつになり、その後も家族や仕事にさまざまな悩みやストレスを感じ、心はいつもくたくたで,悲鳴をあげていました。思春期から今までの30年以上もの長い間。

 

それが、いろいろな紆余曲折を経て、今ようやく熱意ある佐々木先生との出会いにより救われたことは、本当にありがたいことです。

 

私の育て方のせいで,心に傷を負い苦しむ二人の子ども。そんな子どもとうつの私を抱えくたくたの夫。我が家は,毎日戦争のようです。

 

私はまだ家事をすべてこなせるほど快復していませんが、今できる精一杯の範囲でできることをし、子どもたちが、自分で自分の心を救える日がくることを信じ、それを見守りながら、私は私で何にもしばられない自由な心で、自分自身を生きていこうと思います。

感想13「ありがとうの心」

仙台市在住 Tさん

 

これまでは受容中心のカウンセリングを受けてきました。もちろん、その土台があってこそのことですが、まきびさんのセラピーは私自身の課題を明確にして下さり、歩んでいく道筋を示してくださっているように感じます。

 

これまで心のどこかで人のせいにしていた自分の課題をようやく自分のものとして引き受けていける力と術を与えられているようです。

 

まきびさんの柔らかくて、ちょっと可愛いらしい(?)外見からは想像つかないような、内なる強さと確かさをセラピーのたびに頂いて、私自身の内側が変化していくうれしさを味わっています。

 

しなやかに、たくましく――そして、ありがとうの心――

感想12「カウンセリングの気軽さを実感」

神奈川県在住 Kさん

 

カウンセリングの当日は初対面だった事から

ちょっとドキドキしていましたが 実際お会いすると

普通にお兄さん というような感じで安心しました

 

「こんにちは~」から始まって おしゃべりしているうちに

本題に入っていたという感じです

 

その時 私は仕事場でのストレスが多く 体調も良くなかったので

その事がメインの話題になりました

 

私は 悩んだり辛くなると 誰にも話さない傾向があって

(話すと愚痴を言っているみたいだし 自分を正当化しているようで嫌なのです)

話の流れでいつの間にか 初めてそれを口にした時

「あ~あたし こんなにしんどかったのか~」と

話しながら気がつきました・・・

 

思い詰めたとき 「話す」って意外と 開放されるんですね

自分の状況を話したり こんな気持ちなんだと

佐々木さんに たんたんと ぼやきのように会話していました

 

家族や親友でもなく 全く違うコミュニティーだからいいのかもしれません

心にいつもと違う空気が入ってくるのです 

家の窓を開けて 空気の入れ替えみたいに(笑)

 

すると 自分でも気付かなかった気持ちに気が付いてきました

「あれ? ホントはあたし××だったのか!」と 

佐々木さんは 上から言うのではなく こうしなさいでもなく

私の気持ちの 隣りに並んで 散歩するように

一緒に 答えを探し出してくれました

 

あとはその事に対して 具体的にどう対応したらいいのか

お話していきました

 

面白かったのは 運動をすること!

心と体のバランスの大切さを 教えて頂きました

また ヨガとか始めようと思います

 

今でも 職場では多々ありますが 風邪をひけば免疫が付くように

ほんのちょっと 神経が太くなったようで (いい意味であって欲しい 笑、)

こんなこともあるさと 思い詰める事もなく 楽しく働いております

 

また 特別な事がなくても 気持ちの整理をしたい時など

カウンセリングを受けてみようと思います

 

ありがとうございました♪

感想11「自己成長をして仕事へ復帰」

福島県在住 Sさん

 

先日はありがとうございました。カウンセリングのあと先生に言われたことを頭において呼吸の仕方、体の動かし方を意識して生活をはじめました。今は徐々にですが仕事にも出ています。

 

やはり一番の問題は父親との関係ですが、カウンセリングの中で気づいたことを応用することでだいぶ楽になりました。まだ何も気にせず話せるところまではいっていませんが、少しずつ会社にいる時間=父親といる時間が日に日に延びているので少し前に進んだ気がします。

 

(→この感想は先月にいただいたものなんですが、昨日Sさんからいただいたメールにて「8月には正式に会社に復帰して頑張っています。」とのことでした。おめでとうございます!)

 

それと今回のパニック発作と鬱のことでより家族(特に父親)を理解できたし、俺自身も少し成長できた気がします。先生には本当に感謝しています。

 

先生の言葉で自分は自分らしくあればそれでいいんだと思えるようになりました。
本当にありがとうございました。

 

今度また壁にぶつかって自分ではどうにもならないときはまた伺うかもしれませんがその時はまた宜しくお願いします。

 

本当にありがとうございました。

感想10「私もプロの端くれですが・・・」

仙台市在住 Aさん

 

まきび氏は私の息子の年齢。しかも、一応、私、プロの端くれです。

それが、カウンセリングを受けるのに何の障害にもならないものをまきび氏はかもし出している。

 

感じたまま浮かぶまま話があちこち飛んでもちゃんと受け止めてもらえ、いつの間にかそのときの問題を提示され整理の方向へ進む。つまり、わかってもらえるようにちゃんと話さなきゃぁという 自己縛りにいかないですむ。

 

わかってもらいたいから話すのでなく、この人はわかってくれるという安心感はすでにここにある。その上、この人すっごーい!という威圧感もない。威圧感がないから普通にしゃべるなかで今まで気がつかなかった自分や状況が見えてくる。

 

そして、カウンセリング終了時には納得感に満たされ、現実の問題解決と自己成長の醍醐味を味わってます。

感想09「自己成長のためのカウンセリング」

仙台市 K・Mさん

 

自己成長のためのカウンセリング

 

カウンセリングを受け始めて、一年が経ちます。はじめの3か月で大きな問題を終えることができました。そのあと、数か月中断してたのですが、今度は自己成長のためにカウンセリングを受けることにしました。

 

生きていれば、悩みは尽きませんが、徐々に前に進んでることを感じます。この前のカウンセリングでは、何をやっても巧くいかない、思うようにできないというどこにでもありそうな悩みについて話し合いました。

 

話していくにつれ、自分が持っている以上の力を出そうと、変な努力をしていたとか。また、上司に気にかけてもらいないのは、嫌われているせいだとか。ちょっとした勘違い、思い込みが次々と出てきました。

 

人は成長するために前に進もうとします。そのために苦しみも味わいます。そのためにストレスを少なくし、力を抜いて楽にこなすという、余裕がある状態を保つために自分を見つめなおす必要があるのです。

 

最近イライラを感じたときに自分に問いかけるようにしています。落ち着いて、深呼吸をして。そうすると、自分が怒っていることを客観的に見えるようになります。私はほんのすこしずつですが、成長していると感じています。

 

まだまだ未熟ですが、これからも自分を成長させれるように頑張りたいを思いますので、まきびさんこれからもよろしくお願いします。

 

いつもありがとうございます。

感想08「怒りの処理の仕方を学ぶとすっきり!」

広島市 Kさん

 

怒りの処理の仕方を学ぶとすっきり!

 

先日、友達が些細な誤解でキレてしまいました。お互いのほんの小さな誤解だし、誤解を生んだ出来事自体、キレるような出来事ではないとわたしは思っていました。

けれど、彼女はどんどんわたしを責めてきました。

 

このまんまだと、わたしはその友達に腹を立てて、キライになってしまいそう…
そう感じたので、まきびさんに相談しました。

 

すると,まきびさんは,やっぱり新しいことに気づかせてくれました。それに気づいて、友達に対する怒りはすっかり消え、別の感情が湧いてきました。そしてそのことは、今回の場合だけではなく、今後の自分の成長のために、とても生かせることでした。まきびさんとお話すると、必ずひとつ、成長できるような気がします。

 

おまけですが、わたしの彼女の怒りへの対応も「いい対応したね」と褒めてくれました。
それだけでも、ちょっとうれしくなります。

感想07「恋愛の不満は私の心の弱さ」

神戸市 Eさん

 

私にはお付き合いしている男性がいました。でも将来のことを考えると彼とこのまま付き合っていっていいのかわからず困っていました。

 

占い師さんにもみてもらったりもしましたが、なんだか納得しきれなくて、友人の紹介でカウンセリングを受けてみることにしました。

 

カウンセリングで自分にとって何が一番大事で、何が必要ないのかを掘り下げていくことで、自分の課題がみえてきました。彼との付き合いがどうこうではなく、私の心の弱さから将来の不安が生まれていたことに気づいたんです。

 

これからは少しずつ自分の課題と取り組んで前向きに自分と向き合っていこうと思います。

 

先生ありがとうございました。

感想06「ひきこもりからの脱出」

宮城県 Mさん

 

以前ひきこもりで、ほとんど外に出ることはありませでした。

 

ですが、先生に出会いカウンセリングを受けるうちに考え方も変わり、外に出ることが多くなりました。今ではアルバイトもしています。友達もできて、ほぼ毎日のように外出して、毎日が楽しくなりました。

 

それ以外にも、生活習慣の事も詳しく教えていただき、充実した毎日を送っています。先生にはとても感謝しています。

 

本当にありがとうございました。

感想05「恋愛への考え方が変わった!」

群馬県 Mさん

 

恋愛への考え方が変わった!

 

恋愛(片思い)の悩みでまきびさんにカウンセリングをお願いしました。当時はいっぱいいっぱいで、1日1日自分の心をすり減らすような状態。どうしていいか分からず、左に行こうが右に行こうがすべて失敗しそう。

 

そんな状態でまきびさんのカウンセリングを受けました。どうして自分はいっぱいいっぱいになってしまったのか? うまくいっているのに不安になり、失敗するとわかっているのに行かなきゃいけない気がする。

 

まきびさんと話すことで様々な理解が生まれます。高校時代の片思いのトラウマ。世の中にあふれた恋愛のイメージ。間違った思い込み。自信のなさ。

 

理解が生まれ、事態を客観的に見ることができるようになりました。いろいろ悩んでいた事が、馬鹿らしくなり、やるべき事が明確に見え始めたのです。事態は単純なのに難しくしていたのは自分だったと気付かされました。

 

まきびさんのお陰で相手との関係は悪くなる事なく、少しずつ進行中(?)です。

 

ホントにいつもいつもありがとうございます。
感謝・感謝です。

感想04「ダイエットは心の問題だった!」

宮城県在住 S.N.さん

 

先日はありがとうございました。私の場合は、カウンセリングに一度行っただけで、悩みは解決しました。とてもすっきりしました。

 

はじめは、こんな悩みで相談しに行って良いのか分からず、一人で悩んでいました。でも、もう一人では解決できず、誰かに助けて欲しくて、勇気を出してカウンセリングを受けました。

 

私は、半年くらいで、9キロ太りました。何とか痩せたくて、色々なダイエットをしました。豆乳おからクッキーを買ってみたりとか、夜はもやしだけを食べるとか、ダイエットの本もたくさん読みました。

 

でも、何をやっても長続きせず、いつも我慢している状態だったので、その反動でものすごく食べてしまって・・・また、リバウンド!!!

 

ダイエットできない自分が悲しくて、食べてから後悔して泣いてしまったり、友達とご飯を食べるのも遊びに行くのも怖くなってしまい、何をしていても毎日楽しくなかったのです。

 

こんな毎日が嫌で、まきびさんに相談したところ、今までのダイエット方法は間違っていたことに気づかされました。というより、まきびさんと話しているときから、ダイエットのことは頭から離れていました。

 

私の悩みはダイエットをしたいわけではなかったからです。それから、自然と食欲はおさまり、一週間で3キロ体重が落ちました。

 

まずは、これからダイエットのことは考えないで、自分を見つめ直し、心を大切にして幸せな人生を送りたいと思います。どんなダイエットをしても、心がついていかないと成功はないと思います。

 

私も、もっと心の問題が解決したら、もしかしたらもとの体重に戻るかもしれません。

その日が来るのが楽しみです。

感想03「誰にでも気づかなくてはならないことがある」

広島市在住 K・Yさんより

 

以前から、小さなしんどいことが積み重なっていたのですが、その意味から目を背け続けていました。

 

ところが先日、ついに限界を越える事件が起こり、まきびさんに助けを求めました。

大きな事件が起こる前からその危険性は常に指摘されており、「気づかなくてはならないこと」があることも言ってくれていたにも関わらず、それを受け入れることができませんでした。

 

そんな私に、私が自分で「気づかなくてはいけないこと」に気づくまで、じっくりと接してくれました。まきびさんが「気づかなくてはならないこと」を気づかせてくれたおかげで、事件以来、恐怖のために何も手につかず、お酒を飲まなくては眠れず、ひとりで過ごすこともできない状態が一気に晴れました。

 

真っ暗な中にうずくまっていて、光なんかどこにもない状態に光がさした気分です。まだ光が見えただけですが、どこへ進めばいいかということはわかったような気がします。

 

じっくりこれから前進していきます。ありがとうございました。

感想02「私に合った話の聞き方・理解の仕方のコツ」

仙台市在住 あいさん

 

こんにちは。先日、ひょんなことからカウンセリングをしていただきました。

 

開始早々、私を一目見ただけ、
「人の話を聞いていないのではなく、話の聞き方が間違っているのでは?」というご指摘を受け、言い当てられたような気持ちになりました。

 

「聞いていない」のではなく「聞けていない」のであって、数十分で私は“聞き方のコツ”というものを掴めたようです。ただお話を聴いていただくだけではなく、何かこう…自分のためのより良い方法を導いていただいたように思います。

 

こんな表現では失礼だと思いますが、カウンセリングを終えて、「わかった!」とか「おもしろかった!」と感じることができました。

 

ありがとうございました(^^)

感想01「人生がうまくいかないときは」

仙台市在住 K・Mさんより

 

今年の四月からカウンセリングを受けて三ヶ月経ちました。
七月の今日でだいたいを終了しました!あっという間でした。

 

最初はカウンセリングで何を話したらいいか分からなかったのですが、愚痴を話しているうちに自分の思い込みが分かってきました。自分の問題が次々と出てきて、どうすればいいかと解決法を導いてもらいました。

 

胸が痛いのは愛情がうまく貰えてないからとか、膀胱が痛むのは自分の感情が処理できていないからとかなど、色々な指摘を受けました。

 

時には急に泣けてきた時もありました。怠惰な気持ちになってしまい、進まない時もありました。今は物事に感謝し、出来ない自分を認め、ちょっとした事でも流せるようになりました。これが成長かと思います。みなさんも是非やってみてください。

 

生きているのがつまらないとか、人の悪口ばかり言っているとか、いい事がないとか、良くなりたいとか考えているのなら、まきびさんのカウンセリングを受けてみる事をお薦めします。

 

最後にここまでの状態にして下さったまきびさんに感謝しつつ、ありがとうございますと言いたいです。

 

これからもよろしくお願いします。