カウンセラー紹介

カウンセラー 代表 佐々木 智章

仙台市生まれ、関西学院大学文学部心理学科卒業。

日本心理学会認定心理士TFT-Adv日本ブリーフサイコセラピー学会所属


 2007年4月カウンセリングルームまきび開設2007年12月仙台駅前に移転2008年4月より読売新聞パークライフにて「心のお悩み相談」の連載開始。

 在学中より人間性心理学、トランスパーソナル心理学の心理療法、セラピーを学内外問わず学ぶ。大学卒業後、民間企業のサラリーマンを経て某公共施設にて相談員をするかたわら心理療法、その他心理学以外の方法を用い、自己の問題にひたすら取り組む。

 2007年4月よりカウンセリングルームまきびを開設し、仙台を拠点に、東京、大阪をはじめ、11都府県に出張カウンセリングも行っている。毎月、読売新聞泉西部 デザイン工房iibeさん発行のパークライフにて「心のお悩み相談」を連載中。

 2014年7月よりイキルネット 顧問・理事に就任精神・発達障がい者・その家族が元気になる方法を考える会2015年10月よりアミークス株式会社 顧問に就任自立訓練(生活訓練)施設 アミークスカレッジの設立・運営に
関わる。

特に得意とする分野

  • トラウマ治療
  • 生育歴、家族歴からの人物分析
  • 能力開発
  • 恋愛トラブル、家族トラブル
  • 生き方に関する悩み

カウンセラー カウンセラー 安斎 厚子

三重大学教育学部卒業、産業カウンセラー。

全米NLP協会・日本NLP協会公認マスタープラクティショナーハコミセラピー・第3期(レベル3)終了

1949年 大阪市生まれ、小学校入学式直前の親の離婚で、奈良県に転居。(以来父親とは音信不通)奨学金を得て、畝傍高校・三重大学(教育学部)卒業。大阪市立小学校勤務。結婚、専業主婦となり、娘二人を出産。

1979年夫の転勤で、以後、仙台市在住

1980年 双子の息子を出産、女児2人、男児2人の4人の子持ちとなる。

1995年 カウンセリングを学び始める。

2003年1月 夫、会社の組織替えで転勤、57歳直前の年末に早期退職。

2005年 学んださまざまなカウンセリングを統合し、カウンセラー活動開始

2008年 「カウンセリングルームまきび」とめぐりあい、さらに学びを深める。

2009年 60歳、6歳以来音信不通の父の死と知らせてきた義弟の存在を知る。

2011年 夫と二人暮らし。4人の子供は仙台・東京・大阪在住。

2014年 イキルネット 理事精神・発達障がい者・その家族が元気になる方法を考える会。

祖父、親・兄弟、夫・姑、子どもたち、4世代それぞれと私との間の出来事、そこからおこるすれちがいや葛藤をとおして、家族をそして自分を見つめなおす作業の連続、多くのことを学びなおす時間を持ちました。その経験もふまえ、カウンセラーとして活動、某公共施設の相談員をへて、今も仙台・東京を行き来しつつ、学びと自分を見つめ続けている。

特に得意とする分野

  • 傾聴
  • 女性の悩み

20代 女性カウンセラー

特に得意とする分野

  • 傾聴
  • 女性の悩み