よくある相談事項

事項 01

何をしていいのかわからない・はっきりしない悩み

・何をしていいのかわからない

・自分の居場所がわからない、根無し草気分

・自分に自信がもてない

・なんとなく大丈夫な気もするが、このままなのも本当は嫌

・特に嫌なことがなくとも死んだほうが楽かも、と思ったりしたことがある

・はっきりしないが生きづらさを感じる

・考えがまとまらない、はっきりしない

・ぼんやりしていることが多い

・空虚感を感じる

・息苦しさを普段から感じている

・ものごころついたときから生きることに対して不安定な感覚がある

・理解者を探すのに苦労する

・両親や家族と性格や考えがあわない、理解してもらえていないと感じる

・家族や周りに相談しても気休めや的外れなことを言われる

・親友や恋人がいても、全体的にみるとやっぱりなんだか安心できない

・気の合う友達、心を開ける友達がいない

・不登校をしたことがある

・出社拒否をしたことがある

・職を転々としてしまう

・他の人よりも劣っている感覚がある

・周りのほうが自分よりも優れている

・周囲のペースについて行けない

・人生がうまくいっていたときはよいが、うまくいかなくなると途端にさみしくなる

・ちやほやされたり、注目されてないと生きてる実感がない

・何をやっても自分はダメだと思うである

・やることなすこと、全てうまくいかない

・自分には運がない、自分は幸せになれない

・自分はトラウマ、発達障害、アダルトチルドレン、自己愛着障害ではないかと思ったことがある

・他人や本からのアドバイスではこの気持ちを改善できなかった

・会話のみのカウンセリングでうまくいかなかった

・母親との問題だと指摘され、そのカウンセリングを受けてもしっくりこない

・気楽に生きるためにこの気分を改善したい

・もっと別な生き方があるはずだと思ったことがある

・もっと人から認められたり、尊敬されてもいいはずだと思ったことがある

・もっと稼げるはずだと思ったことがある

・もっと自由に生きられるはずだと思ったことがある

・根本的に何か問題があるのかもしれないと思ったことがある