よくある相談事項

事項 16

人との間に壁や距離がある感じがする・人といても一体感を感じられない(解離性障害)

・自分のことを上から見下ろしてる感じがする

・ストレスがかかる場面になると違う自分で対応することがある

・人との間に距離感や膜をへだてている感じがする

・現実感、生きている実感を感じられない

・人と切り離されている感じがする

・とにかくさみしさやむなしさのようなものがある

・心にぽっかり穴があいている感じがする

・何かの膜やカプセルに包み込まれている感じがする

・生きるのがしんどい

・周りが楽しそうに生きれるのが不思議でしょうがない

・みんなが一体となって盛り上がっているときに自分はさめてしまう

・みんなが一体となって盛り上がっているとイライラするか近寄りたくない

・体育会系や熱血の人、やる気がある人がいると気持ちがひいてしまう

・なんとなくぼんやりして生きている感じがする

・何をしたいのかわからない

・自分が何を好きなのかわからない

・付き合っている相手を好きかどうかわからないがなんとなく付き合ってしまう

・喜びや楽しいという感情が薄い、またはほぼない

・パワー不足、エネルギー不足、ガス欠な感じでやる気がでない

・原因も特にないが死んでしまってもいいかなと思うことがある

・自分は解離性障害じゃないかと思ったことがある

・自分は解離性同一性障害(多重人格)じゃないかと思ったことがある

・自分は境界性パーソナリティ障害かもしれないと思ったことがある

・自分はアダルトチルドレンじゃないかと思ったことがある

・言葉や暴力による虐待を受けたことがある、または家族が受けているのを間近で見ていた

・性的虐待

・性的ないたずらを受けたことがある

・自分はPTSD(トラウマ)があった気がする

・自分は機能不全家族で育ったと思う

・家族内で感情的な交流が薄かった気がする

・親や兄弟に自分の気持ちを受けとめてもらった感覚がない

・父や母と話すと自分の気持ちを受けとめてくれる前に両親の考えを話されるのでうんざりする

・過食する傾向がある

・体型を気にして食べすぎると吐いてしまうことがある

・リストカットなどの自傷行為をしたことがある

・家で暴れたことがある

・性的逸脱行為をしたことがある

・同時期に何人もの相手と恋愛、性交渉をしても特になんとも思わない

・好きな人や恋人がいても他の人とも恋愛や性交渉するのに抵抗がない

・援助交際・それに類する行為をしたことがある

・自分が自分じゃない感じにふるまうときがある

・自分の感情、行動をとめられないときがある

・DSM4-TRによる解離性障害の診断基準

解離性健忘

A.優勢な障害は、重要な個人的情報で、通常外傷的またはストレスの強い性質をもつものの想起が不可能になり、それがあまりにも広範囲にわたるため通常の物忘れでは説明できないような、1つまたはそれ以上のエピソードである。

B.この障害は解離性同一性障害、解離性とん走、心的外傷後ストレス障害、急性ストレス障害、または身体化障害の経過中のみに起こるものではなく、物質(例:乱用薬物、投薬)または神経疾患または他の一般身体疾患(例:頭部外傷による健忘性障害)の直接的な生理学的作用によるものではない。

C.その症状は、臨床的に著しい苦痛、または社会的、職業的、または他の重要な領域における機能の障害を引き起こしている。

解離性とん走

A.優勢な障害は、予期していないときに突然、家庭または普段の職場から離れて放浪し、過去を想起することができなくなる。

C.この障害は、解離性同一性障害の経過中にのみ起こるものではなく、物質(例:乱用薬物、投薬)または一般身体疾患(例:側頭葉てんかん)の直接的な生理学的作用によるものでもない。

.その症状は、臨床的に著しい苦痛、または社会的、職業的、または他の重要な領域における機能の障害を引き起こしている。

解離性同一性障害

A. 2つまたはそれ以上の、はっきりと他と区別される同一性 (identity) または人格状態 (personality states) の存在 (その各々はそれぞれ固有の比較的持続する様式をもち、環境および自我を知覚し、かかわり、思考する)。

B. これらの同一性 (identity) または人格状態 (personality states) の少なくとも2つが反復的に患者の行動を統制する。

C. 重要な個人的情報の想起が不能であり、普通の物忘れで説明できないほど強い。

D. この障害は物質(例:アルコール中毒時のブラックアウトまたは混乱した行動)または他の一般的疾患(例:複雑部分発作)の直接的な生理的作用によるものではない。注:子供の場合、その症状が想像上の遊び仲間(イマジナリーフレンド imaginary friend)、または他の空想的遊びに由来するものではない。

離人症性障害

A.自分の精神過程または身体から遊離して、あたかも自分が外部の傍観者であるかのように感じている持続的または反復的な体験。

B.離人体験の間、現実吟味は正常に保たれている。

C.離人症状は臨床的に著しい苦痛、または社会的、職業的、または他の重要な領域における機能の障害を引き起こしている。

D.離人体験は、精神分裂病、パニック障害、急性ストレス障害、またはその他の解離性障害のような、他の精神疾患の経過中にのみ起こるものではなく、物質(例:乱用薬物、投薬)またはその他の一般身体疾患(例:側頭葉てんかん)の直接的な生理学的作用によるものでもない。

・DSM4-TRによる心的外傷後ストレス障害(トラウマ)の診断基準

A.以下の2条件を備えた外傷的出来事を体験したことがある。

1.実際に死亡したり重傷を負ったりするような(あるいは危うくそのような目に遭いそうな)出来事を、あるいは自分や他人の身体が損なわれるような危機状況を、体験ないし目撃したか、そうした出来事や状況に直面した。

2.当人が示す反応としては、強い恐怖心や無力感や戦慄がある。

【備考】 子どもの場合には、むしろ行動の混乱ないし興奮という形で表出することもある。

B.外傷的な出来事は、次のいずれかの(あるいはいくつかの)形で、繰り返し再体験される。

1.その出来事の記憶が、イメージや考えや知覚などの形を取って、追い払おうとしても繰り返し襲ってくること。

【備考】 幼児の場合には、繰り返し行なう遊びの中に、その外傷の主題やその側面が現われることもある。 2.その出来事が登場する悪夢を繰り返し見ること。

【備考】 幼児の場合には、内容のはっきりしない恐ろしい夢のこともある。 3.あたかも外傷的な出来事が繰り返されているかのように行動したり、感じたりすること(その出来事を再体験している感覚、錯覚、幻覚や、覚醒状態や薬物の影響下で起こる解離性フラッシュバックもここに含まれる)。

【備考】 幼児の場合には、外傷特有の再現が見られることもある。 4.外傷的出来事の一面を象徴するような、あるいはそれに似通った内的

・外的な刺激に直面した時に、強い心理的苦痛が起こること。

5.外傷的出来事の一面を象徴するような、あるいはそれに似通った内的・外的な刺激に対して、生理的な反応を起こすこと。

C.当該の外傷に関係する刺激を執拗に避け、全般的な反応性の麻痺が執拗に続く状態が(その外傷を受ける前にはなかったのに)、以下の3項目以上で見られること。

1.その外傷に関係する思考や感情や会話を避けようとすること。

2.その外傷を思い起こさせる行動や場所や人物を避けようとすること。

3.その外傷の要所が思い出せないこと。

4.重要な行動に対する関心や、その行動へのかかわりが著しく減少していること。

5.他者に対する関心がなくなった感じや、他者と疎遠になった感じがすること。

6.感情の幅が狭まったこと(愛情を抱くことができないなど)

7.未来の奥行きが狭まった感じがすること(出世や結婚、子ども、通常の寿命を期待しなくなるなど)。

D.高い覚醒状態を示す症状が執拗に続く状態が(その外傷を受ける前にはなかったのに)、以下の2項目以上で見られること。

1.入眠や睡眠状態の持続が難しいこと。

2.激しやすさや怒りの爆発があること。

3.集中困難があること。

4.警戒心が過度に見られること。

5.驚愕反応が極端なこと。

E.その障害(基準B+C+Dの症状)が1ヵ月以上続くこと。

F.その障害のため、社会的、職業的に、あるいはその他の重要な方面で、臨床的に著しい苦痛や欠陥が見られること。

次の点を明確にすること:

急性――症状の持続期間が3ヵ月未満の場合。

慢性――症状の持続期間が3ヵ月以上の場合。

次の点を明確にすること:

発症遅延型――発症がストレス因から少なくとも6ヵ月経過している場合。

・DSM4-TRによる境界性人格障害の診断基準

対人関係、自己像、感情の不安定および著しい衝動性の広範な様式で、成人期早期までに始まり、種々の状況で明らかになる。以下のうち5つ(またはそれ以上)によって示される。

(1)現実に、または想像の中で見捨てられることを避けようとするなりふりかまわない努力

※:診断基準5で取り上げられる自殺行為または自傷行為は含めないこと

(2)理想化とこき下ろしの両極端を揺れ動くことによって特徴づけられる、不安定で激しい対人様式

(3)同一性障害:著明で持続的な不安定な自己像または自己感

(4)自己を傷つける可能性のある衝動性で、少なくとも2つの領域にわたるもの

(例:浪費、性行為、物質乱用、無謀な運転、むちゃ食い)

※:診断基準5で取り上げられる自殺行為または自傷行為は含めないこと

(5)自殺の行動、そぶり、脅し、または自傷行為の繰り返し

(6)顕著な気分反応性による感情不安定性

(例:通常は2~3時間持続し、2~3日以上持続することはまれな、エピソード的に起こる強い不快感、気分、いらいら、または不安)

(7)慢性的な空虚感

(8)不適切で激しい怒り、または怒りの抑制の困難

(例:しばしばかんしゃくを起こす、いつも怒っている、取っ組み合いの喧嘩を繰り返す)

(9)一過性のストレス関連性の妄想様観念または重篤な解離性症状